ダイエット中にも辛さ引き立つカレーを食べたくなる

カレーが世界を救う?

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

ダイエット中ですが、昨晩から本日の夕飯にかけて、我が家のメニューはカレーです。

カレーって嫌いな人っていないんじゃないかって思い込むくらい大好きな食べ物の1つです。

以前、友人とTVで物騒な事件やらニュースやらを観ていたときに「みんなカレーを食べないからストレス溜まってんだよ」とか

「カレーは世界を救う」なんていうタイトルで他のSNSで日記を書いたことがありました。

いやーー懐かしいです。

さて今回は、カレーとダイエットの因果関係を検証してみたいと思います。

カレーとはそもそも何?

やっぱりカレーってうまいからついつい食べちゃいますよね。そのうまさってカレーならではなのでしょうか。そもそもカレーって何?

カレーは日本では当たり前のように、ご飯の上にかけて食べるものということなのですが、本場はやはりインド?

カレーとはそもそもコショウ、唐辛子、ターメリックなどを粉末化して混ぜ合わせたスパイス。市販されているものでも、カレー粉には30種類もの香辛料(スパイス)が含まれています。

ですがインドでは日本のようなものではなく、あくまでスパイスをふんだんに使った汁状の料理を表す単語でしかありません。

日本ではご飯の上にかけるカレー、他国でも種類は色々ありますが、本場インドではスパイスをちょっと変化させた食べ物、またはスパイスそのものということでしょうか。

ですがなんと言おうが、僕は断固として、日本のカレーをうまいとおススメしたいです!

 

ダイエットに効果あるの??

リサーチしていくうちに面白いことがわかりました。その名も、

朝カレーダイエット

前提としてエクササイズを行うと、ダイエットの効果は2倍3倍も違うとの事ですが、これは必須ではありません。効果が数倍違いますよって事。

朝カレーでも食べ過ぎなければ問題ないそうですよっていう前提。

朝カレーのポイント

食べすぎは活性酸素を増やし細胞血管を傷つけます。カレーの中には10種類以上のスパイスや香辛料を含みます。

このために毎朝カレーライスを摂ることで、体の活発な行動を支える交感神経系統を刺激することで、基礎代謝に対しても活発な刺激となります。

ショウガやターメリックなどは、コレステロールを抑えたり基礎代謝に直接働きかける効果があります。

評判はなかなか良いみたいですね。

僕はカレーが大好きなので、お粥にカレーをかけて食べてます。個人的には更なるダイエット効果を、勝手に期待していますがどうなんでしょう。

カレーを食べても太らないために

f:id:akichankey:20170602212750j:plain

日本のカレーそのものはカロリーが高いのは事実です。ではどのように食べたらいいのでしょう??

太らない食べ方①

ルーの中にふんだんに野菜、きのこ、ニンニクを入れる。

根拠として2つあげます。

1、根菜類は避け緑黄色野菜で酵素を取り入れます。きのこにも酵素が含まれていますので多く入れます。

2、ニンニクは体の温熱効果もあるので脂肪燃焼にはもってこいの食材。でもにおいが気になる方は少々控えめにしてみましょう。

太らない食べ方②

カレーを食べる際は、食べる前にサラダか野菜ジュースを摂ってみましょう。サラダは酵素の宝庫です。以前記事にした青汁も絶大な効果が発揮できる可能性もありますよ!?

まとめ

カレーは僕が子供の時から食べています。個人的には世界3大うまいものにあげてもいいのではと思うくらいです。

カレーの上にとんかつを乗せた人って凄いですよね。。尊敬します。

そんな大好きなカレーを食べながら、ダイエットできるってこれ以上ない幸せかも知れません。

スパイス自体にダイエットの効果がありますので、カレーの中に、あくまで日本のカレーの中にスパイスや香辛料を入れて召し上がってみても効果が出そうですね。

これからもカレーは食べ続けて行きますよ。

現在のお粥ダイエットとは合わないかもしれませんが、効果はきっとあると信じて、月に数回はカレー食べる習慣を付けてみたいと思います。

暑い時こそ食べるカレーって、本当にうまいですからね。シーズンはこれからではないでしょうか(*‘ω‘ *)

注目記事はこちらです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です