読書感想文

たったの771円で【頭がいい人の話し方】が身につく本を読んでみた

ケアマネの過去問題に集中する

[st-kaiwa-3849]こんにちは。坂本(@aki63188568)です。[/st-kaiwa-3849]

 

今年の夏は暑いですね。埼玉県熊谷市では41.1℃と、最高気温の記録を塗り替えるほどの激暑が続いています。

そんな暑い中、出かけるのも疲れるので最近は家にいてネットやテレビなどを観て過ごしています。

 

私はブログを趣味としていますが、記事でも書こうかと思っても筆が進まない、手が止まってしまうという事はよくある事。

それでも書かなきゃいけない!!って思ってしまうと私の性格上、つまらなくなってブログそのものを止めてしまうので無理には書く事はしません。

ブログ執筆時の息抜きとして、読書や録画したアニメやドラマをうちのかみさんと一緒に観たりしています。

 

さて、とある休日にAmazonで【頭がいい人、悪い人の話し方】という本を購入。筆者は樋口裕一。この人の本を読むのは初めて。

ここ最近ではkindleで購入してスマホで読んでいましたが、実際の本を購入したのは久しぶりです。

 

私が購入した本

頭がいい人、悪い人、それらに当てはまらない人、色々いるかと思いますが、この本を読んで今の仕事に当てはめてみると、物凄く納得した私がいます。

【頭がいい人、悪い人の話し方】という本を購入し読んでみた

ちょうど夏ですし、読書感想文として書いてみようかと思います。

というかこの本を勧めるためのレビューだと思ってくれれば幸いです。

【マズい話し方】と【ウマい話し方】

私はこの本を購入した理由に【他人のマズい話し方】という事がどういう事なのか、いまいちわからなかったという理由が一つあります。

【他人のマズい話し方がわかれば、知的なウマい人の話し方が身につく】という「キャッチフレーズ」で購入を決めました。

 

私は私自身が頭がいいと思ったことは一度もありません。ですが人間って現金なもので、他の第三者よりも頭がいいだろうと思ったことは正直あります。

もっとわかりやすく言うと、こいつよりは頭がいいんじゃね?と思ったことはあります。要は比較ですね。

はい、もうこう思う時点で人を見下していますので、私は頭が悪いのかなとも思ってしまいます。

 

さて、本の内容をそろそろ語りましょうか(汗

著作権上、中身はほとんど書けませんのであらかじめご了承くださいm(__)m

職場の上司に当てはめてみる

職場に苦手な方がいたとして(実際いますがww)、その人に当てはめてこの本を読んでみようと考えました。

するとピンポイントでその人に当てはまるのです。

それも30項目以上ある話し方のうち、半分以上も当てはまったので、おかしくて楽しくてあっという間に読めてしまいました。

根拠のない決めごとは愚かだ

職場や会社の中に、その場の思い付きで決めごとをしてしまう、上司や先輩はいないだろうか。

勢いは大事だが、その場の思い付きにきっと根拠はない事がほとんどだと思います。

やはり、自分が意見したことや発言したことに対しては、何らかの根拠がないといけないと私は思っていました。

この本でも根拠のない決めごとや、叱ることに対しての根拠を示せない上司や先輩は愚かと書いています。

ここぞという時に知ったかぶる先輩に乾杯

私の上司や先輩でも「ここで知ったかぶるか!?」と疑問になる時が多々あります。

知ったかぶった後の知らんぷりは、もう芸術の域に達しているかもしれません。

この本にも知ったかぶる上司の事を揶揄して書いています。

情報化社会の中で「知ったかぶり」を見事にやってのける方は、過去の遺物と言っても過言ではないでしょう。

スポンサードリンク

私が一番感銘を受けたところは【感情】の部分

私がこの【頭がいい人、悪い人の話し方】を読んで深く感銘を受けたところは【感情】の部分です。

人間って感情的になるのが当たり前です。むしろ感情のかたまりと言っても過言ではないと思ったりもします。

 

この本では「感情に振り回されるのは愚か」と書いています。感情的になりやすいのは女性で、理性的なのが男性なのかもしれません。

しかし「感情に振り回される」という事は意外にも女性という事ではないということです。

 

理性的で色々気配りできる男性こそ、感情に振り回されてはいけないという事なのです。

素直によかったねと言える余裕はあるのか

誰にでも好かれる男性女性っていると思います。【感情】が穏やかな時は、魅力がある上司や先輩同僚は多いと思います。

その【感情】の起伏を試される場面って、職場でもプライベートでもあると思います。ここはわかりやすく、舞台は職場にしておきましょう。

 

職場で人事から辞令が出たとします。【Aさんが現場主任に昇格】という、どこにでもありそうな辞令が出ました。

あなたは「Aさんと同僚」の立場です。そのAさんが先に昇格されたのです。

 

今まで誰にでも好かれていたあなたは【感情】を抑えることが出来ますか?

抑えなくてもいいです。心の中で悔しがれる力があれば。

表情や顔に出てしまう感情

きっと何人かの方は「今まで面倒を見て来た俺がAさんより先に抜かされた」と【感情】がうごめいて、言動や顔などの表情に出てしまうと思います。

本当に魅力のある人間というのは、どんな時も【自分の感情】に流されず、一緒に喜び合ったり【感情のコントロール】ができる人なのではないでしょうか。

決して私が育てたのに先を越しやがってとか、人事部に文句言いに行ってやるなどと思わない「当たり前の大きな心の持ち主」こそが、本当に好かれて魅力的な人間なのです。

 

【頭がいい人、悪い人の話し方】では、たったの5ページほどですが、【感情】の部分をわかりやすく書かれていますので、きっと私と同じように共感が持てる方もいるのかと思います。

スポンサードリンク

まとめ:頭がいい人、悪い人の話し方の感想

頭がいい人、悪い人の話し方を読み終えて、頭の悪い人の方に私がいくつか当てはまったので、気をつけなければいけないなと思った事と、

反面教師が職場に何人かいるなと改めて思ったことが感想です。

決して完璧な人間なんていないですが、自分の為ではなく、人の為に頭のいい人の話し方を身につけようとする努力は必要です。

無理に嫌われ者を演じる必要はありませんが、相手を説得させたり納得させられるような話術をマスターしていきたいと実感致しました。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です