ケアマネ

人手不足の介護現場に戻ってこいよ!ケアマネを辞めたいと思ったらさ!

ケアマネが辞めてしまう理由

こんにちは。坂本(@aki63188568)です。

介護従事者の方、介護に興味をもって見に来てくれている方こんにちは!

ケアマネの資格取得をしている方は全国に70万人近くいるのをご存知でしょうか。正確にはこれまでの試験合格者の総数は69万5017人。

ですが私みたいに、今現在ケアマネの職をしていないケアマネ資格保持者はたくさんいます。

一体なぜでしょう。

ケアマネが辞めてしまう理由一体なぜなんだ!?

介護の世界では難関ともいえるケアマネの資格を取得したのにもかかわらず、ケアマネの職についていない。

こればかりはケアマネの仕事内容や、そのほかにもっと何か他の原因があるものと考えるのが普通です。

今日はなぜケアマネの資格取得をしたのにも関わらず、ケアマネの仕事をしていないのか!

そしてなぜケアマネを辞めてしまうのか!!という疑問にとことん踏み込んでみたいと思います。

踏み込む前に、ケアマネの事をちょっと知っておくと、より入りやすいかもしれませんので、

ケアマネ試験がどれくらい難しく、そしてケアマネにはどのような種類があるのかをサラッと予習しておきます。

それではまず、ケアマネ試験の難易度から。

難関難関と言うけれど、どれくらい難関なのかを【合格率】から見ていきましょう。

ケアマネの【合格率】から見る難易度

ケアマネの資格をこれから取得する人、資格をもう取得した人、大まかにわけるとこの2種類の人がいるかと思います。

ケアマネの資格取得を意識した時に、まずどんな試験もそうかもしれませんが、合格率を気にする方は大変多くいます。

私もそうでした。ケアマネの合格率ってどんなもん?と、受験勉強期間中は常に考えていたように思います。

ケアマネ合格率(直近5年)

  • 第20回 平成29年度 (2017年10月8日) 21.5% 受験者数131,560人 合格者数28,223人
  • 第19回 平成28年度 (2016年10月2日) 13.1% 受験者数124,585人 合格者数16,280人
  • 第18回 平成27年度 (2015年10月11日) 15.6% 受験者数134,539人 合格者数20,924人
  • 第17回 平成26年度 (2014年10月26日) 19.2% 受験者数174,974人 合格者数33,539人
  • 第16回 平成25年度 (2013年10月13日) 15.5% 受験者数144,397人 合格者数22,331人

合格率から見るとケアマネの試験は、平均で20%くらいの合格率と予測をしてみます。

となると、5人に1人しか受からないので、かなり狭き門なのかなと思います。

スポンサードリンク

難関を打ち破ってケアマネ試験に合格した先にあるもの

ケアマネの試験は難易度が高い、狭き門だという事がわかりました。ですがなぜこの狭き門のケアマネの試験を突破したのにケアマネの職に就かないか。

ケアマネのペーパー試験の次に待っているのは、なんとも言い難い、時間の長い長い、お金も掛かるケアマネの研修があるのも1つの原因なのかなとも思います。

ケアマネの実務研修

ケアマネの試験を受ける方の前提は、このケアマネの実務研修を受ける事なので、特に当たり前の物だと合格したすぐの人は思うでしょう。

ですが、この研修制度は5年に1回受けなければならない、ケアマネ独自の研修となっています。

カリキュラム等はほぼ同じで、5年間続けた年配ケアマネもここで更新するのはやめておこうかなと思ったり、更新するのにこんなに時間取れない、などといった理由で実務研修をやむを得なく受けられない人もいます。

この研修があるが為に、やむなくケアマネの職を下りる方も中にはいるようです。

ケアマネ試験の難易度の壁を打ち破って資格取得しても、現実を知った熟年ケアマネは、この5年の区切りでケアマネを辞めるか続けるか決める方も多いようです。

さて、次はケアマネの仕事内容に問題があるのか見ていきましょう。

スポンサードリンク

ケアマネの仕事内容とは

ケアマネの仕事内容は、主にケアプランという要介護者に対してのケアの仕方を考える、ケアの仕方を計画する専門的な仕事です。

人の為にプランを作成する、とてもやりがいはありそうですね。

主にケアプランを作成する

ケアプランとは、介護サービス計画。

介護保険で受けられるサービスの内容や日時などが有効に行えるように立てた計画のこと。

先の項でも書きましたが、このケアプランを作成して、要介護者の為に頑張る!的なやりがいはきっとあると思います。

でも、ケアマネの仕事はそれだけじゃありません!!

ケアマネはケアプランを作成するのみだけではなく、要介護者の身の回りの世話のみならず、時には買い物代行という名のつかいっぱしりや、要介護者の暇つぶしの電話相手など、本当に様々な雑務をこなさなければなりません。

施設ケアマネと居宅ケアマネで違う

施設ケアマネは、施設入居者のケアプラン作り。他雑務。

居宅ケアマネは、在宅で生活している要介護(要支援)者のケアプラン作り。他雑務。

超簡単に書くと、上の感じになるかなと思います。

仕事内容で見極める(辞める)ケアマネは多い

仕事内容に問題があるか無いかと先に書きましたが、仕事内容に問題はありません。

仕事内容が個人で合うか合わないかの話だけなのです。

ケアマネの仕事内容は、ただケアプランを作っていればいいだけではありません。

要介護者の家族との連絡調整、病院との連絡調整、介護施設や介護事業所を利用している利用者の意見や話を傾聴しなければなりません。

これが嫌で辞めてしまうケアマネの少なくないです。

決してやりがいがない仕事ではない

勘違いしてしまいがちなのが、辞める人が多い=やりがいがない仕事。

と、思いがちなのです。でも、ケアマネの仕事は決してやりがいが全くないわけではありません。

個人単位で仕事の合う合わないがあるだけ。という事なのです。

早期に仕事内容を見極めるケアマネは多い

入社して最低でも3か月は働こうとか、1年は様子を見ようと入職してくる人は多いです。

ですが私も含めて、それよりも早く【このケアマネの仕事は合わない】と見極めて退職する方が多いです。

それはなぜかを考えると、理由も定かになってきます。事務所の雰囲気も辞める理由の1つにあります。

居宅ケアマネで多いのが家族との関係性

要介護者の家族との連携や調整役を担うのがケアマネです。

その家族との調整時に文句を言われたり、その他クレームを言われる、これが何回か続いた。

それがストレスとなり、【もうダメ。ケアマネは合わない】というように思って、辞めてしまう方もいるようです。

施設ケアマネで多いのが事務作業以外の雑務

本当にケアマネという職業は多忙です。これは経験してみて初めてわかります。

その多忙の中で、雑務や営業などの【事務所内での業務以外も頼まれる】事が多いという事が、辞めてしまう1つの原因となっています。

介護と兼務しているケアマネもいます。その方は結構のびのびと介護現場の仕事もケアマネの仕事もこなしていますが、ケアマネ専任は違います。

ケアマネをやりたいのに介護現場を任されたり、入浴介助で介護士の人手が足りなかったらケアマネが貸し出される。

何のためにケアマネになったのかわからないという施設ケアマネは非常に多いです。

スポンサードリンク

ケアマネの給料の問題

ケアマネの給料、介護福祉士の給料等は、過去記事をまとめましたのでご覧ください。

介護の給料は上がる!?3つの介護サービス別の給料を考察 こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。 介護職の給料ですか?年齢にあまり左右されない職種ですが結構ピ...
介護職の給料に驚愕!介護職の給料平均まとめサイトこんにちは。坂本。(@aki63188568)です。 介護職に就いていると、このような会話をしている方も少なくないのではないでしょうか...

給料の問題で辞めてしまうケアマネも多いです。要は少ないというよりも【割に合っていない】という表現の方が適切かもしれません。

まとめ:なぜケアマネをやらないのか

ケアマネの資格取得をしたのにケアマネの仕事をしない理由に、仕事自体合う合わないという個人的かつ生理的な問題があります。

しかしこればかりはやってみないとわかりません。介護の世界では難関であるケアマネの資格を取得したのだから1度はやってみるべきです。

だってケアマネの仕事をしたい、もっと高みを望みたいと思ったからケアマネの資格を取得したはずです。

やってみて合わないと思ったら、介護の現場に戻ってくればいいだけの話です。

私は介護現場とケアマネの両方を経験しましたが、介護現場の方が自分で合っていると改めて思いました。

でもそれは他人が決めることではなく、あなた自身で決めることです。

ケアマネ資格取得者の中で意見が多いのは、介護現場の方が楽しいという人がたくさんいます。

ですがケアマネの仕事もやりがいはあります。是非自分で見極めて楽しい職場、楽しい介護の仕方を見つけてみてくださいね。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です