プレゼント

介護施設で暮らす方に渡したい!女性利用者に喜ばれるプレゼント5選

[st-kaiwa-3849]こんにちは。坂本(@aki63188568)です。[/st-kaiwa-3849]

介護施設で暮らす利用者様に、誕生日や何かの記念日などで、プレゼントをすることがあるかと思います。

きっと喜ぶ物を選んでみました。もし、あなたのプレゼント選びの参考になってくれたら幸いです。

[st-kaiwa1]女性利用者の気持ちに近づいて考えてみました[/st-kaiwa1]

夢を叶えるお手伝い!広がる世界のプレゼント

介護施設に暮らす年配の女性は、体が元気だった時にできていたことを諦めなくてはいけない切なさも抱えています。

若い時にたくさん旅行に行っていた年配女性は、思い出話に花を咲かせながらも、できることならもう一度行ってみたい国に思いを馳せらせているものです。

そんなやりたいことがあるのに諦めて、考えることすらやめてしまっている年配女性におすすめのプレゼントは、趣味の世界に関係した美しい写真集のプレゼントです。

「一度はフランスに行ってみたかった」という願いを持っている年配女性には、美しいヨーロッパの風景をまとめた写真集をプレゼントして、一緒に眺めるのも良いでしょう。

お花が好きで庭いじりが趣味だった年配女性には、四季折々の花を収めた写真集もたくさん出されています。

ずっとペットを可愛がっていた年配女性であれば、好きな動物の写真集をプレゼントするのも良いでしょう。

脳科学の世界では、実体験が伴わなくてもイマジネーションを膨らませることで、実体験と同等の幸福感を味わえるという研究結果も出されています。

写真集のプレゼントを通して、年配女性の「やってみたい」や「行ってみたい」という気持ちを満たすお手伝いも良いでしょう。

スポンサードリンク

労働は生き甲斐!作る楽しさのプレゼント

年配女性には手先がとても器用な方が多いのも特徴です。

寒い季節に向けて暖かい編み物の既製品をプレゼントするのも良いですが、好きな色の毛糸や縫い棒などをプレゼントして、年配女性ご自身に作る楽しみごとプレゼントすることもおすすめです。

また年配女性は、誰かのためにお役に立つことがとても大好きです。

「既製品ではあまり好みのものが売っていない」「自分では不器用で作ることができない」ということをアピールして、お孫さんやひ孫さんにあたるお子様のための手作り品をおねだりすることも、年配女性にとってはとても嬉しいプレゼントになります。

手先を動かすことで脳が活性化されること、一つのものが完成していくまでのプロセスに刺激や達成感を覚えること、そして何より誰かの役に立てるという承認欲求を満たすことができることが、年配女性にとってパワーの源に変わっていくのです。

今では出来る範囲に合わせた様々なキットがたくさん売られています。年配女性の趣味や活動できる範囲を考慮して、何かを作成するためのキットをプレゼントすることもおすすめです。

スポンサードリンク

話のきっかけに!自分を辿ってもらうプレゼント

昔の話が大好きで、自分のお話を聴いてもらうことに喜びを感じる年配女性は多いものです。

一方で、全ての年配の女性が雄弁にお話を聴かせてくれるわけではありません。中には自分のこととなると遠慮がちになって、必要最小限のことしか心を開いてくれない年配女性もいらっしゃいます。

そのような時おすすめのプレゼントが、年配女性ご自身が書き記していくことができる「自分日記帳」のプレゼントです。

日記帳として専門に売られているものもあれば、書かれている質問に記入していくだけで自然と自分史を綴ることができる手帳も売られています。

日々感じたことを思ったまんま自由に書いてもらう素敵な柄の丈夫な手帳と、書きやすいペンを一緒にプレゼントするのも良いかもしれません。

とにかくそのプレゼントした手帳に書いてもらうのは自分に特化した出来事です。

激動の時代で自分の人生を二の次に生きてきた年配女性も多いことでしょう。今一度自分を見つめ直し、自分中心に生きていただくために素敵な手帳のプレゼントは、お役に立ってもらえることでしょう。

スポンサードリンク

この手もあった!今の時代に合ったプレゼント

現在の介護施設はwi-fiの設備が整っている場所も多く、タブレットなどを自室に持ち込んでいる年配女性もいるそうです。

Instagramを楽しんでいる年配女性が有名になっているのもご存知でしょうか。

それまで全くIT関係に疎かった年配女性でも、思い切って新しい世界に足を踏み入れてもらうプレゼントも刺激があって楽しいと思います。

例えばアクションカメラのプレゼント。中国製のものであれば、なんと2000円前後で手に入り、それなりの性能を持った物をプレゼントすることができます。

使い方もシンプルで簡単なので、施設内での日常の一コマを写真に収めてもらったり、遊びに来てくれたお友達の写真を撮ったり、家族と動画を楽しんだり・・・。

家族のスマホにデータを送ることで、年配女性に代わってSNSに投稿したりすることもできてしまう時代なのです。

「そんなのきっとできるはずないよ」と家族が思ってしまったり、「難しそうで私には無理だ」と年配女性自身が思ってしまう前に、「プレゼントするからやってみてよ!」という勢いで年配女性の新しい世界が広がるかもしれません。

意外性ほど、最高のプレゼントに変わることがあるのです。

リサーチ力が要!大好きを編集したプレゼント

介護施設に暮らす女性が、一番喜ぶプレゼントは何よりも直接会ってじっくり話に耳を傾けることです。

年を重ねるごとに最近の話よりも、遠い昔の話のことを鮮明に思い出し、目を輝かせてお話をしてくれる年配女性が多いです。

若い時に流行していたファッションは?当時よく聴いていた音楽は?好きなアイドルはいたのか?家族で行った思い出の場所はどこか?など、年配女性が生き生きとお話してくれるようなことを、どれだけ質問できるかが素敵なプレゼントを贈る鍵になってきます。

そして次回、年配女性の元へ訪れた時に、若い時に好んでよく聴いていた歌手の代表曲を編集してCDにしたものをプレゼントするのも良いでしょう。

また家族やお友達の方に協力していただいて、一緒に過ごしてきた楽しい時間の写真をBGMをつけてDVDにしてプレゼントすることもとても喜ばれます。

今はパソコンがあれば簡単にこれらの編集を出来るようになりました。年配女性の心に響く思い出のプレゼントはぜひおすすめです。

最後に

いかがでしたか?女性に、しかも年配の女性にプレゼントするアイテムの参考になりましたか。

気持ちだけではなく、想いを形にして表現することも、きっと喜んでくれると思います。

介護施設という狭い空間の中ですが、出来る限りたくさんの喜びや嬉しさを共有したいですね。

そのたくさんの中に、プレゼントを渡した時の笑顔があっても良いのではないでしょうか。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です