ウォーキング ジョギング ダイエット ダイエット中

早歩きダイエットのお手軽さの理由5つ!散歩の速度を上げて効果的に行う

投稿日:2017年5月5日 更新日:

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

お粥ダイエットとほぼ同時期に始めた筋トレ(スクワット)ですが、結構体に効いてます。

筋肉痛は殆ど無く、よく寝眠れた気がして気分がいいです。

その日の天気にもよりますが、散歩し少し汗を流しました。

体を動かすっていいことですね。仕事の休みの日などは、良いリフレッシュになります。

散歩によるダイエット効果

散歩と漠然と聞くと、近所をお散歩というイメージがあってダイエットの効果が無いように思います。

散歩とは
気晴らしや健康のために、ぶらぶら歩くこと。

 

散歩もダイエットには効果的なのか?お手軽って事でジョギングが苦手って言う方は率先して行っています。僕も早歩きの散歩を行っています。

散歩(ウォーキング)が選ばれる理由

選ばれる理由として、

空いた時間にやればよい。

お金がかからない。

体への負担が少ない。

年齢や性別関係なくできる。

簡単にできる。

以上のようなことが挙げられます。

実は散歩によるダイエット効果は薄い

歩くことについて色々調べてみましたが、散歩と痩せるの因果関係の結論から言いますと・・・

ダイエットにはあまり効果がありません。

散歩はジョギングやランニングなどに変えて運動量を増やさないと効果はありません!

ダイエット散歩は早歩きで

早歩きはダイエットには若干効果的なので、散歩ではなくウォーキング的な感じで歩くと効果が出てきます。

ですが散歩も良い事が無いわけではありません。

早歩き散歩で健康的効果

散歩はダイエットの効果が薄いですが、毎日を心身共に健康に過ごすために行うと、間接的ではありますが健康になって相乗効果でダイエットもできる期待がもてます。

因みに散歩や歩くことの効果として、

ストレス解消

無理のない運動ができるウォーキングは、ストレス解消に効果大です。血液の循環が良くなり自律神経のバランスが整う言われています。

肥満防止

歩行で脂肪燃焼の効果があります。適度な運動量で基礎代謝が活発になるので、肥満の防止になります。

生活習慣病の予防

ウォーキングをする事で身体能力の維持に役に立ち、血液の循環が良くなり動脈硬化などの予防に効果があります。

脳の活性化

有酸素運動のウォーキングをすると、脳に酸素を取り込みます。酸素を大量に取り込む事で、脳の働きが活発になります。

心肺機能の向上

ウォーキングをする事で、呼吸が激しくなり心拍数が上がります。その効果で心臓や肺が強くなり、心肺機能の向上が期待できます。

筋力の低下予防

ウォーキングで筋肉に刺激を与えることで、筋力の低下を予防します。

以上の効果が個人差はありますが期待できます。

有酸素運動を行うとダイエットの効果は上がる

散歩やウォーキングでこのような効果が得られるのであれば毎日続けたいですが、1時間以上とか人にもよりますが行わないほうがよいです。

自分の好きな時間を余裕を持って歩かないと精神的なストレスが掛かってしまいます。

何事もやりすぎには注意が必要です。有酸素運動の効果を最大限引き出すためにも、ストレスにならない程度にとどめておきましょう。

まとめ:散歩とウォーキングでダイエット効果だ

散歩は早歩きで少しでもダイエット効果を得ましょう。日常生活を健康的に過ごすためにも散歩は効果が期待できます。

毎日時間を作って、無理の無い程度に行うのが理想です。

今朝の体重ですが86.5キロとなりした。うーーーん、停滞期です

でも継続して記録を残して行きたいと思います(*‘ω‘ *)


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事はこちら


-ウォーキング, ジョギング, ダイエット, ダイエット中
-, , ,

Copyright© ケアマネ坂本のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.