お粥

ダイエットの食事はカロリーを減らしたメニューで期待度アップ!

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

お粥ダイエットを始めてそろそろ1ヶ月経ちますが自分的にはたいした苦労も無く減量が出来ているのではないかなと実感しています。

因みに今朝の体重は86.2キロです。

え、あんなに中華って言うか餃子と、から揚げを食っといて痩せたの??と、正直思ってしまいました。今回ばかりは少しは太ってもいいかなと思いましたがなぜか痩せている!!

正直衝撃でした。体重減ったのに衝激って(´・ω・`)

これもお粥ダイエットの効果なのでしょうか。実際以前も停滞期を過ぎたらまた痩せてくるってのを体験しました。それと同じ現象でしょうか??

うんそうだ!!

そう思うことにしよう。そう思ってこれからも楽しくダイエットを続けて目標の75キロ以下を目指します。

もっと勉強して根拠の記事が書けるようこれからも精進してまいります。さて時間が無くなって来たのでそろそろ仕事に行ってきます。

ダイエットの食事メニューとは

どんなメニューでダイエットをするかは、ダイエットの成否を左右します。ダイエットを意識して食事メニューを組むのなら、野菜やフルーツを多めにし、油ものや、肉料理を少なくして、カロリー摂取量をコントロールすることです。食事メニューを工夫して、体に必要な栄養が十分に補給されるようにすることも、ダイエット中のメニューには求められます。

しかしながら、ダイエットだからといって、全く脂肪分を摂取しない、低カロリーのメニューばかりというのは、実は良くない食べ方です。

いくらダイエットが目的だとしても、極端に食事の量を減らしていると、体に必要な栄養が確保しきれず、体に不調が出てしまいます。ダイエットが原因で、病気になったという方もいるようです。髪が薄くなったり、肌がかさかさになる原因が、ダイエットのために食事を減らし過ぎたためという人もいます。

カロリーの低い、脂肪分のないメニューを続けていると、健康を損ねてしまいます。低カロリーメニューでダイエットをしていると、健康維持に必要な脂質が確保できません。しっとりとした、若々しいお肌をキープするには、ある程度の脂質を含む食事メニューが必要です。

ダイエットが原因でホルモンバランスが乱れ、生理周期がおかしくなってしまう人もいます。女性の健康のバロメーターに、定期的な生理の存在があります。無理な食事制限によるダイエットが原因となって、ホルモンバランスを崩してしまう事も良くあることです。

ダイエットメニューでは食事のバランスをよく考えて、単品メニューにはならないようにしてください。体に必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂質をきちんと補給できるようなダイエットメニューにすることがポイントです。

極端な食事制限は禁物

ダイエットのためにと、食事メニューから脂質を抜いたり、カロリーを極端に少なくする人もいますが、脂質ゼロの食事は逆に体にはよくありません。

食事の内容を一品メニューにするという方法もありますが、ダイエットにはプラスに作用しないこともあります。

ダイエットについての知識を持たず、ただ漫然と食事を少なくしていると、リバウンドの温床になります。

栄養の偏りが大きいメニューは、その時は体重を落とすことができても、結果的に悪影響になったりします。

いくらダイエットのためとはいえ、たんぱく質や脂質を減らし過ぎたり、カロリー摂取量の少ない食事を続けていると、体の具合を悪くしてしまうことは決して珍しくはありません。

人間の体は、極端に食事の摂取量を減らしすぎていると、体の状態を一定に保つためにホメオスタシスという作用が働くため、体重が減りにくくなってしまいます。

カロリー制限をしているのに体重は一向に減らず、食べるとすぐリバウンドするという体になります。

まとめ

ダイエットは食事を摂りながら行っていきたいですね。

そのためにも、摂取カロリーや食事制限には気を遣わないといけないのではないでしょうか。

私はこれからも健康的なダイエットを継続させていきます。

一緒に頑張りましょう!!