ダイエット

3ヶ月で10kg痩せ!ダイエット成功者が体験した10個の大切な事

ダイエット成功10の秘訣!ダイエット成功の10の秘訣!

こんにちは。坂本(@aki63188568)です。

ダイエット10kgというのは大きな、そして儚い目標なのでしょうか?

実際に10kg減量に成功した、期間はたったの3ヶ月程度。

そんな確実なダイエットにするために、ダイエットを行う際に重要な事があります。

ダイエットに重要な事

3ヶ月のダイエットの中で重要な事を挙げてみると10個ほどありました。

その10個を確実に守って実行すればダイエットに成功すると確信しています。

あなたのダイエットの成功に導く当たり前で大切な事を挙げていきますので、参考にしてみてください。

1、ダイエットをする!と宣言する

ダイエットを始める意気込みさあダイエット始めるよ!

ダイエットをする際は意外と意気込みや勢いが必要です。

僕みたいにずぼらですと、まず動きません。

ダイエットをやろうと思ったのにはきっかけがあるかと思います。

僕がダイエットをするきっかけは、太り過ぎた自分の見た目が嫌だったからです。

しかしながら実際はいざダイエットをやろうと思っても重い腰が上がりません。

さあ、ここは自分を奮い立たせて下さい。痩せる、ダイエットすると宣言しましょう。

2、ダイエット宣言したら目標を立てる

目標設定どうしよう・・

ダイエット目標というのは、最初は何kg痩せるかという抽象的な事のみで良いと思います。

始めから具体的すぎると続かないかもしれないし、その前に目標が定まらずにやらないで終わってしまう可能性もあります。

ここはただ何kg痩せるという抽象的な事でいいと思います。

3、痩せるために必要な目標に対して大まかな日数を立てる

例えば3kgのダイエットを1ヶ月で成功させる!というような日数の目標を立てます。

この立てた日数で痩せられるような、現実的な目標を立てることが非常に重要となってきます。

4、どのようなダイエットをするか決める

結果に満足決めた!!

ダイエット方法決めることも非常に重要です。

どのようなダイエットを行うかを決めるかというのは、目標に対してもそうですが、自分にはどのようなダイエットができそうか、

どのようなダイエットが続くのかを考えなくてはなりません。

自分自身に対して甘くしてもいいし、辛くしてもいいです。

ですが、僕の件で言えば辛くすると続かないのは自分でわかっています。

なので僕は最初はお粥ダイエットを選択しました。

どのようなダイエットが向いているのか、自分で立てた目標に対して続けられるためのダイエットは何なのかを、ここではしっかりと決めてください。

5、自分自身をアセスメントする

僕自身が介護従事者という事もあってなじみのある言葉ですが、その介護で言うアセスメントとは以下のようになります。

介護過程の第一段階において、利用者の課題分析をする為に、何を求めているのかを正しく知るために行われる評価・査定のことです。

まず、残っている能力やすでに実施されているサービス、生活環境などの評価を通じて、要介護者が抱える問題点を整理します。

そして、それぞれが生活を維持・向上させていく上で生ずるニーズを把握し、課題分析を行います。

ダイエットと介護とはかなり違うものがありますが、似ている部分もあります。

要は利用者(介護保険を使ってサービスを受けている人)を自分と置き換えた時の自分自身の課題分析です。

ダイエットをするために自分自身は何ができるのかを見極め、自分自身の問題点を見つけ出してダイエットを行っていきます。

そういう意味で、自分自身のアセスメントはダイエット中は必須となってきます。

例えば、腰を痛めているため、運動は軽いストレッチを重点的に行う。とか、どうしても白米は食べたい、でもカロリーがあるから発芽玄米にするとか。

自分自身で良いように考えるので甘えが出るかもしれませんが、途中で終わってしまうダイエットよりは格段にいい方法です。

6、アセスメントに基づいた評価を行う

課題分析は自分自身またはパートナーがいれば一緒に行うでもいいでしょう。

例えばダイエットを行う過程の中でどのような問題があるか、またはどのような問題で進んでいないのか。

現在ダイエットは目標達成に向かっているのかいないのか。ダイエットに対してダイエット方法は正しく行えているのかいないのか。

自分自身が行っているダイエット方法に対しての総合的な評価を行います。

7、ダイエットの目標は短期目標と長期目標を立てる

ダイエットに目標を立てることはとても大切な事です。

ダイエットの目標は短期的に解決できる短期目標と、例えば10kg以上痩せたいという大袈裟な目標を立てる長期目標を立てることをおすすめしています。

それはなぜかというと、長期目標を達成するためにはまず短期目標を達成する必要があるからです。

短期的考えて1か月~3か月が一番いい期間でしょう。その1か月~3か月の間に達成できる目標を立てて実行する。

その前提にはしっかりと長期目標があります。

長期目標も必ず達成できるような現実的な目標が良いです。

長期目標があるから短期目標を頑張れる。長期目標が更なる目標になるのが狙いです。

目標立案の狙い

  1. ダイエットには短期目標というまずは達成できる目標を立案して、実際達成して自信を持つという事も大事。
  2. ダイエットも数字と結果が全てで、目標未達の時には何かしらの原因がそこにあります。
  3. 数字という結果を残し、自分自身にダイエットに対しての自信を持たせる。
  4. 少しでも結果が出れば、人間て純粋で素直な生き物です。
  5. その結果に喜びます。そしてまた良い結果を出そうと努力します。

人をやる気にさせることこそが、短期目標と長期目標を立てる一番の理由です。

8、ダイエットの失敗を恐れるな

ダイエットに必死な男必死のダイエットは体に良くない!

人間誰でも失敗してしまうかもしれないと弱気になる事もしばしばあります。

ダイエットの失敗とは、痩せることが出来なかった、目標を達成できなかったとか、色々な例が考えられます。

しかし目標未達が失敗という事になるのでしょうか。

目標が達成できなくても自分自身を責める必要は全くありません。

目標の評価の段階で【短期目標が達成できなかった=痩せる事ができずダイエット失敗】という方程式ではありません。

目標が達成できなかったら、もう一度ダイエット方法や目標の設定を見直して、もう一度設定すればいいだけの話です。

それをまた目標期間を決めてダイエットを行うだけです。

よってダイエットの失敗(目標が未達だった時)を恐れることはありません。

9、ダイエットの停滞期を恐れるな

ダイエットの経験者としての僕の経験談ですが、殆どのダイエットの場合に停滞期が訪れます。

停滞期とはダイエットのメニューを遂行していても今までは落ちていた体重が一定の期間停滞する、つまりは体重が落ちないというものです。

僕の経験ですと2カ月近く停滞したこともありました。

その際に初めてダイエット方法を見直してみましたが、特に変えないで同じメニューでダイエットを行っていました。

経験者は語るではないですが、最初に立てた同じダイエット方法でも結果は出ます。

結果が出ない事に対してイライラやストレスを感じてしまうかもしれんせんが、極端なダイエット(断食とか)をしていなければ、

停滞期は訪れますので冷静に同じダイエットメニューをこなして下さい。

10、ダイエットの記録をつける

スマホでも記録をつけられるスマホで記録をつける女性

ダイエットの内容や体重の増減を日々の記録することが一番大切かもしれません。

大切な理由は記録をつけることでその日の実績ができます。

その実績を元に比較検討を行い、体重が減っていればダイエット方法を維持継続して、

変わっていない期間が長ければ停滞期だとわかるし、体重が増加していれば原因は食べすぎたかなと気が付くことが出来ます。

記録をつけることによって、気付きを増やしてダイエットの効率を上げることが可能になります。

まとめ:ダイエットで重要な10個の事を実行してください

以上10個の事を実行してみてください。

僕はこのやり方で3ヶ月で10kg痩せることが出来ました。

少しでも皆様の参考になってくれたら幸いでございます。

一緒にダイエットを成功させましょう!

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。