【じゃらん】温泉地の宿ベスト5!そうだ温泉行こう!(関東甲信越編)

温泉につかる美女

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

秋も深まってきて、朝晩冷え込むようになってきた今日この頃。

温泉が恋しい季節になってきましたね。

とは言え、温泉が湧いていればそれでいいというわけではなく、やっぱり素敵な温泉宿で心身ともにリフレッシュしたくなるのが人情。

というわけでここでは、大手宿泊予約サイト「じゃらん」が選ぶ関東甲信越の宿ランキングから、ランキング順に温泉地の宿をピックアップ!

じゃらん温泉地の宿BEST5として発表いたします!

●第5位 『ゆ宿 美や川』 日光湯元温泉(栃木)

ゆ宿 美や川の湯舟。

ゆ宿 美や川 湯舟の写真。

人里離れた日光の奥座敷、国民保養温泉地にも指定されている日光湯元温泉。

なんと西暦700年代には発見されていた温泉地で、当然今日まで愛され続けているという由緒正しき温泉地。

それだけで効能の程は言うまでもありません。

そんな日光湯元温泉でも有数の人気旅館が、ここ『ゆ宿 美や川』

いうまでもなく、100%天然温泉のお湯は、酸性硫化水素泉の硫黄泉。しかも濃度の高い濁り湯。

その色・湯触り・そして香りともに温泉の風情を心行くまで語感で楽しめます。

建物全体もオシャレな和モダンを基調に、ロビーのいろりも可愛いお部屋も大満足。

お食事もとちぎ和牛で大満足。全身湯治気分を味わえる良宿です。

>>【じゃらん】『ゆ宿 美や川』 日光湯元温泉(栃木)の情報はこちら。

●第4位 『別所温泉 晴山』 別所温泉(長野)

別所温泉 晴山

別所温泉 晴山 湯舟の写真。

長野県にある別所温泉はなんとヤマトタケルが発見したという神話的伝承の残る由緒正しき温泉地。

湧き出る温泉は単純硫黄塩泉(低張性アルカリ性高温泉)で、美白効果と美肌効果で知られる低アルカリ性の美人の湯です。

そんな別所温泉にある『別所温泉 晴山』は山に囲まれた昔ながらの温泉宿。

昭和を感じさせる佇まいと、山家の料理を堪能できるどこか懐かしい食事は、思わず遺伝子がただいまと言ってしまいたくなる風情です。

そんな『別所温泉 晴山』のお風呂は、美人・美白の湯を贅沢にも源泉かけ流し。

心も体も美人になれる。そんなお宿です。

>>【じゃらん】『別所温泉 晴山』 別所温泉(長野)の情報はこちら。

●第3位 『離れの宿 楓音(かのん)』 上塩原温泉(栃木)

離れの宿 楓音

離れの宿 楓音 湯舟の写真。

栃木県塩原温泉にある塩原温泉郷塩原十一湯の一つ上塩原温泉は、比較的新しい温泉地。

そんな新興の温泉地上塩原温泉にあって、ラグジュアリーなひと時を過ごせるリッチでおしゃれな温泉宿それが『離れの宿 楓音』です。

その名の通り、全室離れで構成されるこの宿にあるのは、極上のリラックス空間。

誰にも邪魔されない空間。

室内はもとより、部屋についている露天の温泉も、厳選された山海の美味で作られた芸術のような見た目のお料理も、

全てプライベートな空間で楽しむことができます。

リラックスの本当の意味を知る、そんな価値あるお宿です。

>>【じゃらん】『離れの宿 楓音(かのん)』 上塩原温泉(栃木)の情報はこちら。

●第2位 『華灯りの宿 加命の湯』 湯田中温泉(長野)

華灯りの宿 加命の湯

華灯りの宿 加命の湯 露天風呂!

郷土史家によれば、縄文時代から利用されていただろうと言われる湯田中温泉。

もはや由緒正しいとか古いとかいうレベルではなく、伝説級の温泉である湯田中温泉にあって、その伝統とモダンな現代性が織りなす芸術空間ともいえる温泉宿。

それが『華灯りの宿 加命の湯』

明治初期の由緒ある建物を彩るのは、館内アートワークを担当したアーティスト菊池晃一が手掛ける幻想的な和紙の世界。

うっとりとしてしまいそうな美の世界で堪能する温泉は、天然温泉かけ流し。

その、『加命温泉』の名の由来ともなっている湯田中温泉の効能は、長命長寿、つまり「命を加える」霊験あらたかな神秘の湯です。

まさに、美と神秘に包まれて、精神と命を浄化する最高級のお宿。

一度足を運んでみたい温泉宿です。

>>【じゃらん】『華灯りの宿 加命の湯』 湯田中温泉(長野)の情報はこちら。

●第1位 『玉久旅館』 渋温泉(長野)

玉久旅館温泉

玉久旅館 お風呂の写真。

あの奈良の大仏建立の最高責任者ともいわれる、旅の僧侶、行基。

その行基が開湯の祖と言われるいで湯の里、それが長野県湯田中渋温泉郷、通称渋温泉です。

そんな由緒正しい温泉街にあって、じゃらんの宿ランキング関東甲信越編で温泉地の宿のトップに輝いたのがここ『玉久旅館』なのです。

決して今風の見た目でもなく、また文化財レベルの古い建物でもない。

目を見張るような豪勢な食事が出るわけでもなく、巨大な露天風呂が待ち構えているわけでもない。

それでも、ここまでの人気を博しているのは、ひとえに旅館の持つおもてなしの心。

女将の実家でとれるお米や野菜や果物を使った三代目が作る心のこもった料理。掃除の行き届いた部屋。痒いところに手の届く心遣い。

高評価をつけた口コミのほとんどがそのおもてなしを評価している、まさに心の通ったお宿。

どんなお金をかけた施設も、最高の温泉も、そこにいてそれを守っている人たちの心の素晴らしさには勝てないのだと知らしめてくれる、

世界に誇れる日本人のこころの宿です。

>>【じゃらん】『玉久旅館』 渋温泉(長野)の情報はこちら。

じゃらん温泉地の宿BEST5まとめ

いかがでしたか、じゃらんの選ぶ関東甲信越の温泉地の宿BEST5

楽しんでいただけましたでしょうか。

今年の冬、家族と一緒に、恋人とひそやかに、夫婦水入らずで、極上の温泉を楽しんでみてはいかがですか。

>>楽天ランキングベスト5の続きを読む

>>るるぶトラベルランキングベスト5の続きを読む

少しでもあなたの温泉旅行のご参考になって頂ければ幸いです。

注目記事はこちらです(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です