介護

介護の転職は自己PRで決まる!PR内容を整理して余裕で採用だ

[st-kaiwa-3849]こんにちは。坂本(@aki63188568)です。[/st-kaiwa-3849]

 

[st-cmemo fontawesome=”fa-comments” iconcolor=”#F48FB1" bgcolor=”#FCE4EC” color=”#000000" iconsize=”100"]介護職への就職を考えている方、なんという奇特な方なのでしょう。[/st-c[/st-cmemo]p>そんなあなたの為に、介護職として就職・転職を成功させる自己PRの、重要なポイントをお伝えしたいと思います。

 

介護職員として入職する際の面接は、基本的に2つのポイントがあるのをご存知でしょうか。

 

[st-cm[st-cmemo fontawesome=”fa-exclamation-circle” iconcolor=”#ef5350" bgcolor=”#ffebee” color=”#000000" iconsize=”100"]class="ymarker-s">その面接時のポイントとは、受ける側の人間性と今までの経歴です。[/st-cmemo]

経歴は隠ぺいすることはできませんが、人間性の部分を【自己PR】として文章にしたり、発言することは可能です。

介護の世界では、介護職から介護職への転職や、異業種から介護職へ転職された方など多種多様です。

 

経歴の部分もうまく【自己PR】としてまとめられれば、採用も勝ち取ったも同然です。

その自己PRについて、どのようなな事を書けばいいのか、または発言すればいいのか。

 

悩んだ時に参考にしてくれれば幸いです。

 

介護職への転職活動での自己PR

自己PRは、転職を達成するための大事な要素であることは、よく知られています。

どういった自己PRをするこで、希望の介護職へと転職できるでしょう。

[st-minihuki[st-minihukidashi bgcolor=”#FFB74D” color=”#fff” margin=”0 0 20px 0"]果は未知数[/st-minihukid[/st-minihukidashi]emo font[st-cmemo fontawesome=”fa-question-circle” iconcolor=”#4FC3F7" bgcolor=”#E1F5FE” color=”#000000" iconsize=”100"]していない業種へと転職を考えている人は、どんな自己PRが効果があるかわからないことがあります。 実際のところ、全くの未経験の職種に転職するのは簡単ではありません。[/st-cmemo]

[/st-cmemo]t-midasibox title=[st-midasibox title=”企業は戦力を求めている” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]護の業界は有効求人倍率から見て、それほど難しくないのかなと思ってしまいがちです。

自己PRをどのように組み立てるかで、介護施設に対して自分を売り込めるかが決まります。

どのような形であれ、介護施設や介護事業所は人材という戦力を必要としています。

[/st-midasibox]

[/st-midasibox]span id="i">介護未経験者は抱負をまとめる

[st-cmemo fontawesom[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191" bgcolor=”#fafafa” color=”#000000" iconsize=”100"]では、この会社でなければという意気込みを伝える必要があります。

インターネットなどを活用して、企業についての情報収集をきちんとしましょう。

[/st-cmemo]

 

[/st-cmemo]介護未経験者が自己PRを作成する時には、介護施設や介護事業所が欲しいと思っている人材と、自分との一致点を探します。

加えて今まで経験したことを結び付け、相手(介護施設)のメリットを考えて自己PRをまとめましょう。

 

[st-mybox title=”ポイ[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7" borderwidth=”2" borderradius=”5" titleweight=”bold”]ることで、経験者を採用するよりもメリットが大きいことを主張します。

転職を達成するために、自己PRを重視することが大事。

[/st-mybox]

 

スポンサードリンク

転職活動の自己PRの内容

[st-cmemo fontawesome=”fa-file[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191" bgcolor=”#fafafa” color=”#000000" iconsize=”100"]、介護の転職活動の成功確率を高めることが可能になるのでしょうか。

一般的な自己PRでは、今までの自分の経歴と、スキルや実績に合わせて、介護の転職に至った考え方などを面接の場で相手に伝えることになります。

[/st-cmemo]

 

自己PRは、応募先によってセールスポイントを変えるようにしましょう。

そして、とくにネットからの応募ではいかに自分を差別化するかを考えて、自己PRを作り上げましょう。

 

自己PRを作るコツ

自己PRは、わかりやすく、すっきりまとめた文章にしましょう。

[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-[st-cmemo fontawesome=”fa-file-text-o” iconcolor=”#919191" bgcolor=”#fafafa” color=”#000000" iconsize=”100"]をメインに据えて、アピールポイントが明確になるような自己PRをします。[/st-cmemo]

 

過去に自分[/st-cmemo]たことを折り込みながら、自分自身を相手に売り込んでいきます。

過去の実績や、やり遂げた内容などをまとめて、相手に伝わりやすい形に整えて自己PRをまとめます。

 

[st-mybox title=”ポイント” fontaweso[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7" borderwidth=”2" borderradius=”5" titleweight=”bold”]てきた実績が自分のこれからにどんなふうに関わっていくかということも、主張しましょう。

自分が持っている良さが、今後の仕事でどんな形で活かされていくかも、主張要素になります。

[/st-mybox]

 

短[/st-mybox]きにPRする

[st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#[st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#fff” margin=”0 0 20px 0"]![/[/st-minihukidashi]p>

[s[st-mybox title=”ポイ[/st-minihukidashi]fa-c[s[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7" borderwidth=”2" borderradius=”5" titleweight=”bold”]ではなく、ポジティブに考えて、セールスポイントにしましょう。

自己PRでは、今保有している技能や資格なども役に立つでしょう。

[/[/st-mybox]p>

 

転職を成功させるには、自己分析をしっかり行い、効果的な自己PRにつなげることで、自分の価値を企業に伝えます。

 

スポンサードリンク

年代別にみる転職の自己PRのポイント

[s[st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#fff” mar[st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#fff” margin=”0 0 20px 0"]i]

[st-[st-mybox title=”ポイント” fo[/st-minihukidashi]ircl[st-[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FFD54F” bordercolor=”#FFD54F” bgcolor=”#FFFDE7" borderwidth=”2" borderradius=”5" titleweight=”bold”]かは大きく異なります。

希望の介護の職種へと転職を成功させるためには、きちんとした自己PRを作ることが欠かせません。

[/st[/st-mybox]

 

何歳の[/st[/st-mybox]かでも、自己PRの内容は異なります。

同じ自己PRでも、これから社会に船出しようと20代と、社会人人生も半ばの40代とでは、条件が違います。

 

年齢によって自己PRの作成も様々

[st-[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575" borderco[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575" bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2" borderradius=”2" titleweight=”bold”]所といった新卒採用と同じような自己PRになってしまいがちです。

一方、中途採用は、新卒とはまた違う見方をします。

[/st-m[/st-mybox]p> 

これまでの実績や経験と、自[/st-m[/st-mybox]っていることが、説得力のある自己PRになるでしょう。

自己PRを30代で作成する時も、実績があってのことです。

 

効果的な自己PRを作成するなら、過去の出来事を淡々と書くだけでは不十分です。

 

今までの経歴を色をつけず美化せよ

[st-mi[st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#fff” margin=”0 0 20px [st-minihukidashi bgcolor=”#F48FB1" color=”#fff” margin=”0 0 20px 0"] fontawesome=”” color=”#7[/st-min[/st-minihukidashi][st-mybo[st-mybox title=”” fontawesome=”” color=”#757575" bordercolor=”#ccc” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2" borderradius=”2" titleweight=”bold”]道立ててまとめます。

企業サイドから見て、戦力になれる人材かどうかを判断する基準が、自己PRであるといえます。

[/st-myb[/st-mybox] 

自己PRを作る時に大事なことは、シンプル[/st-myb[/st-mybox]めた自己PRの文章をつくることです。

40代の場合には、キャリアは長いけれども仕事に対する考え方が固まってしまい新たなチャレンジがしにくのではと思われがちです。

 

メモ

自己PRを作成する時には、実績や経験だけでなく、新しい環境に飛び込む積極性も意識するといいでしょう。

何歳の時点での転職活動なのかを考慮に含めて自己PR文をつくることが、自分を売りこむために必要です。

 

スポンサードリンク

まとめ

介護の転職は比較的簡単にできてしまうかもしれません。

ですが、それは自己PR文がしっかりと面接時に言えたり、履歴書の中にしっかりと書けているか。

 

企業面接を受ける側の人間性と、今までの経歴をしっかり把握しているか。

それに尽きると思います。

 

自分をアピールできる部分は、プラスな部分だけではなく、マイナスである短所も取り入れて作成してみると良いでしょう。

難しく考えすぎず、私は介護の仕事で何をしたいのかも含めて、文章を作ってみてくださいね。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です