介護 介護の仕事 介護福祉士

利用者のハートを掴む!魅力ある介護を、現場で7年勤めたケアマネが語るよ

投稿日:

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

介護の世界にようこそ!と、まずはあなたを歓迎いたします。

ん、介護の世界にまだ足を踏み入れていない方もいらっしゃますね?

良いですよ。いつでも、いつまでも待っています。

・・さて本題に参りましょう。

介護の魅力について

若い男性が介護士を目指す

介護に目覚めた男性。

介護とは基本的に、お年寄りや体の不自由な方の、お世話をさせていただく事が挙げられます。

そんな介護の魅力についてお伝えできればと思います。

そして介護が好きになって「介護士」になっちゃった!なんてことになってくれたらこんな嬉しい事はありません。

 

介護の魅力とは【目標を持てる】という事

僕は介護を始める前は、なんとなくの感覚で仕事をしていました。

どのような事かというと、

  1. 仕事早く終わらないかな
  2. 今日はなんとなく面倒だからちょっとさぼっちゃおうかな
  3. あーあ、今日も仕事始まっちゃったな

などなど。今でも時々は思ったりしますが、30代前半まではこのような思いで仕事をしていた自分がいます。

ですが、介護士になったら、最初の3ヵ月は利用者の事や、日課(業務)の事などを頭に叩き込まれ、僕はこう思いました。

「介護って楽じゃないな」と。実際楽ではありません。必死に現場の事を覚えて、利用者の体の事を覚え、頭と体はフル回転でした。

半年後経てば結構できる介護

介護現場は大変と言いながらも、介護の仕事も半年経験を積めば、結構できるようになります。

介護の大事な要素である、

  1. 介助
  2. コミュニケーション
  3. 接遇
  4. 傾聴

この4つの要素は、介護以外にも対人援助の中で欠かせないくらい非常に重要なものになっています。

介護って不思議なんですよね。これらの事が自然と身につくんですよ。

人と話すことが苦手なら聞き上手になればいい

聞き上手な男性

聞くことは大事。

介護の世界では、コミュニケーション能力をとても重要視します。

それはなぜかというと、介護とは対人援助だからです。

要は常にお客様(利用者)と接していますので、相手とのコミュニケーションを取らなくてはいけません。

だからと言ってこちらが話すばかりではなく、聞くことが一番大事となってきます。

理由は簡単です。お年寄りはお話が大好きです。そのお話を聞いてあげられる能力があるだけで介護現場は重宝します。

そう。介護で重要視したいコミュニケーションは、利用者の思いを聞き、悩みや不満は何なのかを聞き出せるチャンスでもあります。

利用者は介護職員をよく見ている

全部の利用者ではありませんが事実です。利用者から介護職員の事をよく聞く場面がありましたが、基本的には当たっています。

あの人性格きついよねとか、こんなことされて悩んでるの。などと言ってきたりします。

もしも利用者に相談されるような介護職員になっていたら、もう1人前と言っても過言ではないでしょう。

それだけ信頼関係が出来ているのだから。

目標を持てるという意味

目標を持てると書きましたが、介護職は給料が低水準と言われ続けています。

なので自分から率先して皆を引っ張ったり、介護現場をうまくまわしていければ「介護主任」という役職に就くことは可能です。

介護主任を立てるか立てないか(役職を作るかどうか)は事業所にもよりますが、積極性が認められればきっとなれるでしょう。

でも主任だけでは給料の限界があります。

介護福祉士を目指そう!

介護福祉士の数

介護福祉士150万人以上います!

介護福祉士を目指して、給料に資格手当を上乗せしてもらうのが一般的になってきました。

ですので、3年の経験を積んで、国家資格である介護福祉士を目指す方はたくさんいらっしゃいます。

年功序列と若干の違いのある介護現場。自分から収入を増やせる点で「介護福祉士」を目指すという目標が立てられます。

介護の仕事をしていて、1日が何事もなく過ぎ去ってしまうという方は、非常に勿体ないと思います。

何か1つでもいいから目標をもって仕事をする!僕はこれで介護の仕事を続けてきました。

モチベーション維持の為にも・・

介護という、やりがいも辛さも持ち合わせた職種の中で、モチベーション維持にも大いに関わってきますので、

是非、自分で決めた(決めて)目標に向かって、仕事をしてみてください。

介護はきっとこれからの自分を成長させてくれる場所だと僕は思います。

もしも給料の事でお悩みなら、僕のこのサイトをご覧ください。

>>介護職員処遇改善加算で給料アップ!!の続きを読む

まとめ

介護の仕事は人材不足です!と、毎回のように報じられています。

色々な職種がある中で、介護士を目指して頑張ってくれる奇特な方を、僕は大いに大歓迎いたします。

最初は生身の人間を介護するという事に対してとても抵抗がありました。

しかし、殆どの方が同じ悩みを抱えて、介護の事で一緒に悩み、苦労して、そして一緒に1つの目標に到達する。

介護の醍醐味は、淡々と仕事をこなすようなものではなく、日々変化していく介護現場の状態や状況と、

人間味あふれた介護現場の職員や、利用者とのコミュニケーションにあると確信しています。

利用者のハートをがっちり掴むのは、その場にいる介護職員や環境、資源です。

目標をもってチーム連携で何かを成し遂げるっていいですね(^^♪


スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

坂本。

SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

-介護, 介護の仕事, 介護福祉士
-, , ,

Copyright© ケアマネ男子の趣味とダイエット , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.