介護 介護業界の現状

介護業界の現状を見つめ直す!介護の問題点は「賃金」のみか!?

投稿日:

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

このブログを見ているあなたはきっと、介護の事に興味があって見てくれている事かと思います。

介護の今の現状って何でしょう?僕は昔も今も低賃金は絶対否めないと思っています。

きっとあなたも介護について語った時に真っ先に「給料が安い」と言ってしまうでしょう。僕もきっとそうです。

でも低賃金の問題だけなのでしょうか。介護業界の現状って、はっきり言って不透明な部分が多すぎる気がしてなりません。

そもそも介護業界の現状って何?適当に働いて給料もらって老人の世話をして、それでいいんじゃない?

と、思いたくなるのもわかります。

介護の問題点を挙げてみる

介護のきつさに怒っています

怒っています。

思いつくまま挙げてみたいと思います。

介護の問題点1:介護従業者の低賃金

介護の問題点というよりは、【介護士に対する賃金の問題点】と言った方が良いのかもしれない「低賃金」問題。

国も介護福祉士や介護士に対しては、長い目を見て低賃金問題を改善していくのかなと思うようなことを言っていたので記事にしたのがこちら。↓↓↓

⇒介護福祉士の処遇改善で給料8万円アップ!国の介護方針に期待が膨らむ

国は介護士の賃金を具体的な数字を提示して発表

そう。国は介護福祉士の賃金を8万円相当上げると言っています。これが現実的になれば相当の高給取りになるかと思います。

年間で96万円もの年収アップじゃ文句ひとつ出ませんね僕なら。

でも、

1つ懸念点があります。

それは、

仕事内容が今のままでいいわけがない!

という事を挙げておきます。処遇改善という名の賃上げをするのだから当然、介護士や介護職の方々のスキルも上げていかなければならないし、それを事業所全体で取り組まなければいけません。

そうなると、介護士も接遇を今以上に学ばなければいけなくなってくるだろうし、専門分野の介護のやり方自体も今以上のものを要求される可能性は十分にあります。

賃上げの対価として、我々介護士や介護福祉士は今以上に研修があったり、会議があったり、外部評価や実地指導があるかもしれません。

でも、自分の体は1つしかないので、今以上に忙しくなったとしても限界があります。賃上げして体を壊してしまっては元も子も無いですから!!

介護の問題点2:介護現場の人手不足

介護業界の現状:人出不足

いつまで人手が足りないのだろう?

介護現場の人手不足も介護士の賃金と互角の問題かもしれません。

僕が以前働いていた介護付き有料老人ホームでは、毎回のように人が足りずに50人の利用者を、介護現場スタッフ3人と看護師1人の計4人で日中の忙しい時間帯を見ていたこともありました。

本当でしたら介護現場スタッフは2名でした。ですが、人が足らないという事で僕がホールに入ることによってギリギリで回せる状態。

いつ重大な事故が起きてもおかしくない状況です。ですが、一応は対策していると施設長は言います。

重大事故につながってしまう危険性を防ぐ記事↓↓↓

介護職員絶対見て!要介護高齢者に最も多い転倒・転落事故原因まとめ

介護職員絶対必見!お年寄りが徘徊する原因の対策を考えてみた

介護職員募集の求人広告を出しても応募が来ない現状

事実、介護現場はマンパワーです。人がいなければ何もできません。僕ら介護士も介護福祉士も限られたことまでしかできません。

本当に求人だしているのかと疑ってしまいますが、求人広告を出したらコピーをもらっていたのでしっかりと出していたのを確認しています。

でも、求人に対して応募が来ない現実を目の当たりにして、毎日を人数が少ない中、利用者の相手や介護をするのは肉体的にも精神的にもきついです。

人出不足の介護業界に苦肉の策

きっと介護福祉士が給料8万円上がるという、賃金を増やして離職率を減らそうとしている国の努力も見られます。

人出不足であれば単純に賃金を上げれば介護職員が増えるという、介護を舐めてんのかと思ってしまう発想ですが、求人出しても応募すら来ない介護業界。

逆にいうなら賃金を大袈裟に上げないと介護職員の確保ができない現実。国の方針の賃金を上げるという選択は、苦肉の策だったとしたら、介護現場から見たらもっと早く実行しろよ!と思いたくなりました。

まとめ:他にも離職率やストレスとかあるけれど・・

僕の中でまとめると、賃金のみで解決か?とタイトルに書きましたが、賃金を上げることによって根本的な介護職への偏見は消えると思います。

ストレスや離職率の問題もありますが、転職するのは自由です。ストレスも介護職や介護に携わる方には大きく関わってくる話ですが、賃金が上がって100%改善されるものではありません。

ですが、賃金が上がることによって、介護業界の現状を大幅に改善されると期待しています。

きつい・汚い・給料安いという3kですが、きつい・汚い・けど給料高い。という言い回しに変わるといいな。

アイ
介護業界の現状の改善に期待しましょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事はこちら


-介護, 介護業界の現状
-,

Copyright© ケアマネ坂本のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.