オープニングスタッフ

介護施設のオープニングスタッフを狙う価値あるの?メリットとデメリット考察

新規オープン介護施設

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

今から、今日この日から介護士を目指そうと思い、介護事業所の面接を勝ち取って、いざ張り切って出勤しても、先人に叩きのめされたり気合が裏目になったりするなんて話は良く聞きます。

この記事では介護の就職・転職は見極めが大事!ということを伝え、これから介護士を目指す方に朗報です!と胸を張って言いたい。

是非、最後までご覧下さい。

介護施設のオープニングスタッフを狙う

僕は最近思うのは、全員フラットで始まるオープニングスタッフを狙ってみるという提案を致します。

そこにはメリットがたくさんある反面、デメリットももちろんあります。

その両方を僕の経験を交えてお伝え致します。ぜひ参考にしてください。

オープニングスタッフのメリット

オープニングスタッフというのは介護に特化したものではございませんが、服飾関係やファストフード、生産性のある工場などで働くのであれば忙しい初日が待っているかもしれませんが、介護は全く違います。(事業所による)

最初の頃は暇かもしれない介護のオープニング

いまそこに利用者さんがいない(もしかしたら数名はいるかも)ので、はっきり言って暇です。

僕が経験した事ですと、パンフレットを持って病院などに営業を行ったりしていました。

実際今も病院や他の施設に営業に行ったりしますが、現場の方はそれが無くなって本来の【介護職】として仕事が出来ます。

「最初は」人間関係が良好

新規オープン!新規オープンの施設!

そこの場所には、介護経験者と未経験者の2種類の方がいます。

オープニングスタッフは経験未経験関係なく0からのスタートとなりますので、しがらみが無く仲間は作りやすい環境です。

きっと最初から野心むき出しで仕事をしている方は少ないです。

最初から、あれしろこれしろと指示を出すような人間は煙たがられますしだれもついて行こうなんて思わないし、逆に干されて終わります。

まさに【最初が肝心】です。皆さんわかっているはずです。

どんなものでも最初も途中も全部大事ですが、オープニングの時はきっと皆さん猫をかぶっている状態かもしれません。

突然姿を豹変させる可能性ももちろんありますが、介護はチームで行う仕事です。

1人ぐらい吠える人間がいるかもしれませんが、最初は人間関係を構築させることに集中しましょう。

人間関係良好を保つために
  1. 最初は謙虚に。(ずっとが望ましい)
  2. 介護主任または介護リーダーを作るべき。
  3. 野心を出すのは数か月後から。
  4. 中立である男性は1人以上いた方がいい。

最初なので施設の方向性を決める、もしくは見極める

施設のやり方が合わないからすぐに辞めた。なんて話は良く聞きます。

ということは、その施設の方向性や理念、目指すところと違ったということも考えられます。

せかっくオープニングで入ったのだから、皆と一緒にいいチームを作って同じ方向性、同じ考え方の構築をすべきと僕は思います。

志は熱く持っておいた方がいいです。そうすればモチベーションなどが下がりにくくなりますから。

それと、このメンバーで0から作り上げていくという楽しみが持てることの大切さが勉強できます!

オープニングでやるべきこと
  • フラットな人間関係を活かして良好なチーム作りをする。
  • 介護の基本的な方向性を決めて、それを共有する。

>>介護業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブでオープニングスタッフを探す!

オープニングスタッフのデメリット

やはり、最初に申しあげたメリットだけではなくデメリットもあります。

メリットの方が多いですが、少ない分目立つ印象です。

利用者が少なく職員の数が多い=給料は安い

転職は悪い事ではない転職は悪い事ではありません!

僕はオープニングを経験したと言いましたが、2度目の応募で入職いたしました。

その時の利用者さんの数は全体の50人に対してまだ4人。集まった職員の数は全部で10名。

夜勤は50人の施設なので2名体制なのですが、その時は利用者の数も少なく1人夜勤です。

日中の勤怠も早番、日勤(中番)、遅番とあるのですが、それぞれに1人であとはローテーションでお休みです。

もちろん休んだ分は給料が出ません。

何が言いたいかもうお分かりかもしれませんが、事業所によってはオープニングの時の給料は激安になる事もしばしばあるよ。ということです。

>>介護業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブでオープニングスタッフを探す!

上司が頑張って利用者を確保してくれるから殆どが大丈夫

大きな母体での事業所ですと先も話しましたが、日中は営業で病院周りをしたり、同じ事業所の利用者を移したりと、

上が動いてくれて、2か月ほどで潤ったりします。

僕の場合は、月の半分が休みでしたので、給料も満額出ませんでしたが、今思えばいい経験したと思っています。

機会があればまたオープニングスタッフを狙ってみたいと考えています。

>>介護業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブでオープニングスタッフを探す!

意見のぶつかり合いで人間関係が最初から悪くなる

オープニングスタッフは介護職未経験もいれば経験者もいます。その方たちで事業所を作り上げていきます。

そこに発生するのが意見のぶつかり合いです。特に経験者同士がよくぶつかります。

「私の以前働いていた施設ではあーだったこーだった、だからこのようにやっていきましょう。」

それに対して、「いや僕のところはこーだったからああしよう。」そこに意見の合わない者同士が出てきます。

そして派閥が出来る場合もあります。

オープニングスタッフはお互いを尊重したほうがいい

0からのフラットな状態で、いきなり喧嘩も珍しくありません。原因は意見の食い違いや、スタッフの過剰なまでの拘りの押し付けなど。

過去に拘ってばかりでは自分も介護施設も成長できません。せっかく自分たちで介護施設を作り上げられる環境にいるのであれば、お互いを尊重して受け入れましょう。

何事も角が立たない方がうまくいきます。意見を言うのは構いませんが、自我を通すだけではなく色々な意見を聞いてみんなで作っていきましょう!

まとめ:オープニングスタッフは欠点もあるけど楽しい

暑苦しく助言してくれるおっさん介護は楽しくやろうぜ!

オープニングのスタッフは僕が経験した中ではメリットの方が多いと実感しました。

それはなぜかというと、介護独特のシガラミが無い事。全く純粋に仕事が出来ることが挙げられます。

人間関係にシガラミが無いと、すごく楽だし仕事が【楽しい】と思えてきますよ。

きらケア介護求人



以下のサービスがすべて無料です!

【1】情報充実の豊富な求人を紹介!

こだわり条件や非公開求人など、豊富な求人からお選びいただけます。施設内の人間関係や評判など、一人では知ることが難しい情報も充実しています。

【2】マッチ度の高いスピーディーな提案!

ご希望やご経歴をしっかりとヒアリングし、今後のキャリアについてのアドバイスや過去事例などをご紹介しております。

【3】入職前~就業後まで、万全のサポートサービス!

面接の予定調整、待遇面の交渉など、様々な面で求職者様をサポートします。就業後も専任スタッフがお悩み相談などのアフターフォローを行っています。

おススメ度
特徴情報充実の豊富な求人を紹介
求人数人間関係や評判の情報も充実
サポートサービス面接の予定調整、待遇面の交渉など、様々な面で求職者様をサポート

詳細ページ公式ページ

ツクイスタッフ



・ツクイスタッフの特長は、全国33支店で運営しているため、地域に密着した求人情報が豊富で求職者のニーズを幅広くカバーすることができます!
・親会社の株式会社ツクイは、30年以上介護サービスを提供する東証一部上場企業です。デイサービス、訪問介護、有料老人ホームなど、全国600カ所で 介護サービスを提供しており、様々なノウハウがツクイスタッフにもあります。
・介護資格を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍し、専門知識をもって求職者をしっかりフォローしています!
おススメ度
特長地域に密着した求人情報が豊富
専門性介護資格を持ったキャリアアドバイザーが多数在籍
信頼性30年以上介護サービスを提供する東証一部上場企業

詳細ページ公式ページ

かいご畑(おススメ介護転職サイト)

かいご畑の最大の特徴として、かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます!
関東、関西、東海、中国、九州と全国のエリア毎に厳選された介護職の求人情報を6 ,000件以上掲載・求人応募の対象者は、介護の資格をお持ちでない方(初めての方)から経験者層まで幅広い方が対象です。
おススメ度
魅力1登録が誰でも簡単にできる!
魅力2全国の介護職の求人6000件以上!!
魅力3キャリアアップ制度で無料で資格取得!!!

詳細ページ公式ページ

僕はその施設を事業所間での異動となり、最終的には今に至りますが、それが仇となり嫌になって退職願を出しました。

つぎに働くところを選ぶのであれば、新規オープニングスタッフ募集を、いつもお世話になっているカイゴジョブで探そうと思います。

>>介護業界No.1の求人情報サイト・カイゴジョブでオープニングスタッフを探す!

最後までご視聴ありがとうございました。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です