介護 介護の仕事 介護への転職 未経験可

介護への転職!未経験でも出来る仕事を探しているなら介護職への転職をおススメします

投稿日:2017年10月1日 更新日:

こんにちは。介護福祉関係で仕事をしている坂本。(@aki63188568)です。

厚生労働省が発表した昨年(2016年)11月時点の介護職の有効求人倍率は3・40倍ですって!

とまあこの介護業界に10年近くいる自分は全く驚きもしませんが(嘘

それを踏まえての介護職への転職のお話です。最後までお付き合い願えると嬉しく思います。

介護への偏見

転職したい

仕事が忙しくて帰れない様子。

介護へ入職する前に僕もそうでしたが、介護への偏見はどうしてもありました。

介護の偏見とは?

それはどういうものかというと、俗にいう3Kです。最近では4Kですが。。(きつい・汚い・給料安い・危険)

はいもうこれ事実っぽくなってきていますが、どの職場にもあると思うんですよね。

僕は6年間SE(システムエンジニア)の仕事をしていましたが、毎日が時間との闘い。寝る間も無いくらい仕事をしていたのを覚えています。

花のあるような格好いい仕事でも、裏を見ればグレーゾーン以上ブラック未満の会社が殆どなのではないでしょうか。(個人的感想)

 

介護士の方が多職種よりも高給の可能性

見出しにも書きましたが、時給や他、給料面では中途採用枠で言ったら介護職は良いほうです。

今では未経験でも人手不足のため人員を確保します。求人を見てみるとよくあるのがこれ。

未経験でも大丈夫。介護のプロが丁寧に指導いたします。」

入職条件に記載のある通り【未経験でも大丈夫】なんですよ介護って。

基本的な介護や介助って、個人差はありますが半年あれば大体覚えます。

求人を出すのにあたって、額面が多い方に流れていく傾向があります。

介護の資格がない方や、介護未経験の方でも、高給な方はたくさんいらっしゃいます。

実際に割に合ってるので求人を見てみる

僕も介護の転職はぶっちゃけ4回ほど繰り返して今に至ります。

介護のいいところは、さすがに有効求人倍率が3倍以上だけあって入職には左程困りません。

ですが、介護の悪いところは有効求人倍率が高いという事は、みな入って辞めてまた入っての繰り返しなのです。ですが、、、

介護職の求人倍率を逆手にとって楽に入職と前向きに考える

介護の悪いところである転職率や離職率。

それを自分の中で良いように捉えるか捉えないかで大きく差が出ます。

介護の転職の際は、僕はいい様に利用しています。この求人倍率を。

例えばリストラをされて(まるで僕ですが)職が無くてもうダメ・・・と諦めるくらいなら、介護職をやってみても良いのではないでしょうか。(まるで僕ですがw)

僕は暇なときは介護の求人をよく見ています。新聞の折り込みもいいのですが、ネットで簡単に見ることが出来ます。

>>介護福祉の転職ならカイゴジョブ

上記のサイトなら求人だけではなく、その会社しか持っていない情報や僕たちの細かいわがまま(給料面や時間帯など)を殆ど聞き入れて、相談者に合った求人を探してくれます。

介護の転職サイトは複数あります

上で紹介したカイゴジョブは、僕の知っている中ではおそらく介護求人数も一番多いと思います。

1度申し込んだことがありますが、今でもメールで求人を送ってくれていますよ(^^♪

他にも紹介会社はありますので、僕の知っているものをいくつか載せますが、あくまで参考程度に見てくださいね。

>> ジョブメドレー

>> コンサルタントが無料でサポート|スマイルSUPPORT介護

介護事業所の面接時に同行してくれるサービス

上記二つの介護職紹介会社は僕も利用したことがあります。言わずと知れたジョブメドレーは介護以外にもたくさんの求人を持っているかと思います。

下のスマイルSUPPORT介護は実際に利用したことがあるのですが、僕が思った一番の強みは【面接時に一緒に同行してくれる】です。

いくら求人がたくさんあったって、必ず受かるとは限りません。

面接というのは、年を重ねても嫌なものですが、コーディネーターの方が一緒に面接まで同行してくれるサービスもあります。

これらをうまく利用すれば、採用もスムーズに決まるかと思います。

心配な方は介護の初期的な資格を取得してしまう

ぼくが介護を始める時は【ヘルパー2級】というものが流行っていたので、その資格を取得してから介護を始めました。

何のために取ったか、今では就職するための「ツール」でしかなかったなと思いましたが、当時は必死でした(^-^;

代表的なものを上げてみますとシカトルでしょう。介護以外にもあらゆる資格に特化した資格を取るためのサイト。

名前が物語っていますよね「シカトル」って。

10年くらい前は ホームヘルパー2級でしたが、今では 介護職員初任者研修と呼ばれています。なんかヘルパーよりシャキッとしてますね・・

>> 介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

もしも資格に興味をお持ちの方は、資料請求だけでもしてみてはいかがでしょう。

就職時に絶対的に有利になること間違いなしです。

ハローワークで介護の資格も良いですが・・・

他にも、ハローワークの支援制度を利用すれば、受講料無料で介護職員初任者研修の資格を取得することができます。

ですが、若干の問題があるようです。

好きな時に介護職員初任者研修の受講できないとか、介護職員初任者研修の受講したいけど倍率が高くて出来ないとか、その逆で介護職員初任者研修の受講者が少なすぎて講義できないという矛盾した問題点など。

様々あって、ハローワークでの受講をされない方が多いと聞いたことがあります。

ですが、無料なのは事実なので、居住エリアのハローワークに問い合わせてみるのが一番かと思います。

まとめ

介護福祉士の数

介護福祉士150万人以上います!

現在どの職業も人手不足かもしれない今の世の中。特に介護は群を抜いて人手が足りていません。

上の画像のように介護福祉士(国家資格取得者、登録者)が150万人以上いても足りていない状況。

生産性が無く、男性陣にはあまり興味が湧くような仕事ではないのもうなずけます。生身の人間の対応をするのですから。

ですが、前向きに考えると、やってみようかなと思ってすぐに始められる職業とも言えるでしょう。

1人に対して求人が3つもあれば、こちらとしては選ぶことが出来ますからね。

転職を考えているけど、何の仕事に就こうか悩んでいる方は、選択肢として、介護職を盛り込んでみても良いのではないでしょうか。

きっと歓迎されますよ(^^♪


スポンサードリンク


スポンサードリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

坂本。

SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

-介護, 介護の仕事, 介護への転職, 未経験可
-, , ,

Copyright© ケアマネ男子の旅と介護とダイエット , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.