介護福祉士 処遇改善

介護福祉士の処遇改善で給料8万円アップ!国の介護方針に期待が膨らむ

投稿日:2017年12月5日 更新日:

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

介護福祉士は2019年10月から給料が大幅に上がる可能性が出てきました。

なんと8万円も!!

これが事実だったら凄いですねぇ。介護士に戻ろうかな、これからなろうかな。って多くの方が思うでしょう。

なぜ急に給料が上がるかはきちんとした「根拠」があります。

なぜ介護福祉士の給料が8万円も上がるのか、そして、他の介護従事者はどうなのか?

僕自身で考察してみました。

坂本。
給料8万円アップの「なぜ」を調べてみよう

介護福祉士の給料アップの根拠

言ってみれば介護福祉士の処遇改善をするという事です。要は処遇という名の給料を上げて、その少ないと言われ続けた給料を上げるという事です。

これはが言っています。ですが私たちにはよくわからないので、少し掘り下げてまいりましょう。

根拠1:介護福祉士の処遇改善として給料を上げる

上げに期待

上げのイメージ。

僕は以前このような記事を書きました。↓↓↓

>>介護士と介護福祉士の給料が上がる!?処遇改善加算見直しの朗報

この記事に処遇改善とは、介護士や介護福祉士は処遇という名の給料を上げる代わりに、勉強や技術を学んでね。

・・・というような感じで、簡単に誰にでもわかるように書いていますので、時間があるときや思い出した時にでもご覧ください。

介護職員処遇改善の朗報は介護士は敏感

なぜ介護士や介護福祉士が敏感かと申しますと、単に介護士や介護福祉士の給料が安いと思っている方が多いからです。

介護士や介護福祉士も給料の手取りで、車と家のローンを返せるくらいの給料ならそこまで敏感にならないでしょう。

でもみんな敏感なのです!理由は先に述べた通り、給料が安いと感じている介護士や介護福祉士がたくさんいるからです。

>>介護の10kは偏見だ!介護の魅力と人手を取り戻す求人サイト

介護の給料の改善が難しいのは財源の確保

介護の財源は公費と保険料です。簡単な説明で申し訳ないですが公費は税金、保険料は40歳から払う介護保険料です。

その財源の確保が肝です。でも限られた税金を介護に回していいのか?給料だけに回していいのか?

行政、国が考えます。そして総理大臣は盛り込みました。↓↓↓

勤続10年以上の介護福祉士を対象に、月額の平均で8万円相当の賃上げに踏み切る方針

根拠2:介護離れを無くす

若い男性が介護士を目指す

介護に目覚めた男性。

根拠1で書きました「給料が安い」という問題で多くの離職者を出しているのも介護業界の特徴です。

人間関係や過重労働が原因なら離職してしまうのもうなずけますが、僕が見る限りですと、過重ではないにしても神経はすり減らしてしまいます。

介護現場の特徴

あるあるの話になってしまいますが、なぜか給料が若干安いにもかかわらず、人間関係が良好な介護事業所は離職率が低いです。

ちょっとした経験しかしていないのにエゴな方をよく見受けますが、自分の考えを持つのは大事ですが、それを押し付けるのが勘違い介護士です。

介護士のプライドなのでしょうか。だとしたら利用者に対して、介護士としてのプライドある介護をしてもらいたいですね。本当に。

あれ、いつの間にか愚痴になってたww

>>新規オープンの介護施設で働くってどうよ!1ヶ月で見えた良い所と悪い所

>>ケアマネを2週間で辞めた理由とは!介護の転職失敗談を激白

これから先の賃金格差を無くして離職率を減らす

介護福祉士の給料が一気に8万円相当も上がったら介護福祉士の方々は辞めないでしょう。

ですが他の介護従事者はどうでしょうか。僕ならきっとこのように考えます。

不公平と思い辞める60%介護福祉士を目指す20%様子を見る20%

あなたはどうでしょう?僕は不公平だと考えます。

今回の処遇改善の内容

介護福祉士に関しては10年以上の経験値が必要ですが、それに当てはまらなくても次のように謳っています。

10年未満の介護福祉士やヘルパーといった他の介護職員等の処遇改善にも、収入を充てられるよう、施設・事業所には柔軟な運用を認めていく。

うん、期待しましょう!

介護の離職率を減らすことは何も給料を上げるだけではなく、介護事業所の環境や設備、利用者の状態等で大きく変わることもあります。

介護福祉士になる為のテキスト

↓↓↓

⇒介護福祉士試験おすすめ問題集15選!介護福祉士受験生から称賛の声

まとめ:介護福祉士の給料アップの朗報。でも敷居は高い

全国の介護福祉士登録者数

介護福祉士の数

給料が上がって離職率が下がる。もはや定説かもしれない介護士の給料問題の「またか」と言いたくなる同じ話題。

今回の国の方針は本気度が見られますね。条件付きですが介護福祉士の8万円相当の給料アップは大きいです。

しかし敷居も大きいです。10年の経験値がある介護福祉士は一体何人いるでしょう。

>>今の介護の現状はこちら⇒介護業界の現状を見つめ直す!介護の問題点は「賃金」のみか!?

>>関連記事はこちら⇒介護福祉士が処遇改善で月8万円相当の賃上!介護従業者の意見まとめ!!続きを読む

>>最新記事はこちら⇒勤続10年以上の介護福祉士の給料が処遇改善で8万アップ!で、ケアマネは・・・?

僕は介護福祉士として従事した期間はたったの3年です。他の方の多くはケアマネになったり、施設長や管理者になっています。もちろん介護福祉士で現場の最前線で活躍している仲間もいます。

介護職員処遇改善加算は確かケアマネとか事務方には関係ないんじゃなかったっけ?

この介護職員処遇改善加算は事務方はもらえないってのも改善してもらえると嬉しいんですけどね。

>>40歳介護の転職!退職願を提出して2週間経過ですが不安等は皆無です!!続きを読む

>>介護職の給料に驚愕!介護職の給料平均まとめサイト!!続きを読む

介護福祉士の国家資格を受けられる方へ

参考になるかわかりませんが、少しでもお役立てできればと思い、記事にしました。↓↓↓

>>介護福祉士の試験まで残り14日!不安を解消する為のたった1つの事

>>介護福祉士の試験まで10日を切ったら絶対にやってはいけない事

介護福祉士の受験生の方を応援しています。

坂本。
2019年10月が楽しみだね。

ユキ
本当だね。介護福祉士目指してみよ!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連記事はこちら


-介護福祉士, 処遇改善
-, , ,

Copyright© ケアマネ坂本のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.