介護福祉士

【介護福祉士勉強法】暗記するくらい過去問を繰り返し解く!【重要】

介護福祉士合格マニュアル

こんにちは、アキです。

今年度も介護福祉士国家試験が1月に控えていますが、受験生の皆さまはいかがお過ごしでしょう。今年の介護福祉士の合格率や予想問題を考えて勉強している方、もしくは対策している方もきっと多いかと思います。

ちょっとおさらいですが、過去7年分の合格率などを確認してみましょう。

実施時期合格率受験者数合格者数
第31回 平成30年度73.7%94,610人69,736人
第30回 平成29年度70.8%92,654人65,574人
第29回 平成28年度72.1%76,323人55,031人
第28回 平成27年度57.9%152,573人88,300人
第27回 平成26年度61.0%153,808人99,689人
第26回 平成25年度64.6%154,390人93,760人
第25回 平成24年度64.4%136,375人87,797人

厚生労働省 第31回介護福祉士国家試験合格発表』を参照

第28回と第29回が境目のようですが、医療的ケアという科目が新たに追加されているのはもうご存知ですね。この境目で問題数も120問から125問と5問も増えています。

この125問をいかに効率よく勉強するかで、介護福祉士の試験に合格する確率が変わってきます。

そのために必須となってくるのが、過去問題と繰り返し勉強して培った暗記力です。

過去問を繰り返し勉強し苦手を克服

結論から言うと過去問題(以下過去問)の重要性は非常に大きく、介護福祉士試験の問題を知るということと、過去に似たような問題が出題されているので必ずしておきたい勉強です。

過去問を勉強する意味
  • 介護福祉士の試験で実際に出題された問題を知る。
  • 介護福祉士の試験問題に慣れる。
  • 過去に似たような問題が出題されている。

過去問の繰り返しの勉強が必要

過去問を勉強する意味がわかったところで、どのように勉強していいのか疑問に思うところですが、それは簡単です。ひたすら繰り返し勉強すればいいのです。

繰り返して過去問を解くことによって、介護福祉士の試験問題に慣れるのと、ある程度かもしれませんが問題の「クセ」がわかってきます。

問題のクセは作成者によって違いますが、「この問題は最近出題されていないから要チェックだな」とか「この範囲は毎年出題されているから念入りにやっていこう」などの対策がとれます。

過去問で苦手を克服し暗記力を身につける

そもそも暗記とは?

文字・数字などを、書いたものを見ないでもすらすらと言えるように、よく覚えること。

最初に言っておきますが、ただの言葉の丸暗記や解答番号の丸暗記は意味がありません!

過去問題というのは読んで字のごとく、過去に出題された問題です。過去の問題を解いていると「こんなに簡単な問題が出るの?」とか「こんな難問奇問も出ることがあるんだ」と気づくことがあります。

もしも自分で介護福祉士の過去問を解いていて、簡単だと思った問題があったとしたら「簡単だ」と思えるくらい試験勉強をしたということです。または、今まで介護業界で働いてきた中で得た知識があったのかもしれません。

問題を解いていて、途中にわかる問題があると、自信が付くものです。

暗記力は勝手に身につく

誰もが「この問題は難しい」と思った問題があるはずです。過去問は繰り返し解いて理解を深めることが重要なので、難しと思った問題でも何度も繰り返し解いているうちに、解答を覚えてしまうこともあるでしょう。

先にも言いましたが、問題の解答番号だけを覚えるのは全く意味がありません。それは解答番号だけを暗記してしまった悪い例です。

介護福祉士の試験問題を繰り返し解いて意味を理解し、設問の解答の文言を暗記できるといいですね。

繰り返し解いていれば、難しい問題や内容などを自然に記憶し、徐々に暗記できるようになります。すべてのことを暗記するのは難しいかもしれませんが、要点だけを絞っての暗記はそう難しくはありません。

暗記で重要なのは繰り返し問題を解くということです。そして意味を理解することです。

問題を【繰り返し解く】だけ。誰でも簡単にできる

実施時期合格率受験者数合格者数
第31回 平成30年度73.7%94,610人69,736人
第30回 平成29年度70.8%92,654人65,574人
第29回 平成28年度72.1%76,323人55,031人

介護福祉士の合格率を見てもらうとわかるのですが、ここ3年間の合格率はなんと70%を上回っています。

このほとんどの合格者の方は過去問の勉強をしています。わかるまで繰り返し解き、それが合格につながったと話す方はたくさんいます。

中には過去問を繰り返し解いただけで合格してしまった方もいるようです。いかに過去問が重要なものかがわかりますね。

過去問だけでは物足りなくなったら

過去問だけでは物足りない過去問だけでは物足りない!

介護福祉士の過去問題を解いていると、物足りなくなる方もいるかもしれません。実際私も過去問だけじゃ物足らず、他の問題集を購入してたくさんの問題を解きました。

物足りなくなったら、過去問だけではなく模擬問も購入してみてはいかがでしょう。きっと実力と経験値が上がります。

おすすめな模擬問題集を2点、ご紹介いたします。

介護福祉士国家試験模擬問題集2020

2020年版 ユーキャンの介護福祉士 実力アップ!予想模試

一番のおすすめは【まとめてセット買い】

介護福祉士の問題集選びで、もしも迷っていたり、何を購入していいのかわからない時は、ユーキャンの【介護福祉士合格講座】をおすすめします。

講座内容な基本的に過去問、模擬問など、介護福祉士の試験対策の問題集はセットでついてきます。

問題集以外にも、介護福祉士の出題範囲の科目テキストもセットになっています。これらテキストと合わせて問題を解くと、理解が深まり、より一層合格に近づくものと期待します。

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャンでは、将来役立つ資格・技能から楽しい趣味・教養まで、100以上の通信講座を提供しております。

>>ユーキャンの介護福祉士講座

ユーキャンの介護福祉士講座

ユーキャン介護福祉士講座をおすすめする理由

実務者研修修了と国家試験対策がひとつに

ユーキャンの講座は、実務者研修修了と国家試験対策がセットになって、なおかつ6ヵ月で合格が目指せる、自身の負担軽減と効率の良さが際立つカリキュラムです。

研修修了と試験対策を別々に学習するより、一貫して学習できるユーキャンの講座は、時間も費用もお得となっています。

保有資格で、選べる3コース

保有資格にあわせて、「初任者研修コース」、「ホームヘルパー2級コース」、そして資格を持っていない方のための「免除無しコース」3つのコースから選べます。

どのコースも実務者研修の学習を進めながら国家試験対策ができるので、効率的な学習が実現できます。

実務者研修スクーリングは全国で実施

実務者研修の修了には介護過程IIIと医療的ケアの演習が必須です。

ユーキャンの講座は、わずか6日間のスクーリングを受講することで、実務に欠かせない知識と技術が身につきます。

会場は全国各地から選べるので安心です。

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャン

生涯学習のユーキャンでは、将来役立つ資格・技能から楽しい趣味・教養まで、100以上の通信講座を提供しております。

>>ユーキャンの介護福祉士講座

ユーキャンの介護福祉士講座

介護福祉士試験の不安は勉強してかき消す

介護福祉士の試験に合格したいと思って勉強をしていても、きっと不安になってしまうときはあると思います。

毎日勉強をしていて不安になるのは、勉強しても更にしても納得がいかないから。納得のいく勉強はきりがないかもしれません。ですが、不安をかき消すには勉強をするしかありません。あとは適度に息抜きも必要です。

私の体験談

私事ですが、介護福祉士の試験勉強をしているときに、右手が腱鞘炎のような痛みが出たり、右腕が極度の神経痛になったりしました。

毎日不安で不安でどうすることもできなかったのを憶えています。ですが、試験が終わってしまうとそれもなくなって清々しい解放感で溢れました。

その解放感は言うまでもありませんが、介護福祉士という国家資格の試験に挑み、自分の中で満足のいく受験が出来たということを意味しているのだと今でも思っています。

まとめ

介護福祉士の試験勉強には欠かせない過去問。

その過去問の繰り返しの勉強こそが合格へのカギですので、意味を理解するまで、解答の内容を暗記してしまうくらいまで勉強しましょう。

ですが、息抜きも必要です。毎日毎日試験勉強ばかりでは心と体に負担をかけてしまいますので、2時間おきに適度な休憩や、自分の中でここまでやったら休憩という時間を設けると勉強もやりやすくなります。

介護福祉士の試験、受かりますように。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です