ケアマネ

ケアマネの仕事が辛い!なぜケアマネを辞めて介護の現場に戻るのか

こんにちは。坂本(@aki63188568)です。

ケアマネの仕事を淡々とこなしている方は本当に凄い!!そう思う方もたくさんいるのではないでしょうか。

どんなにきれいごとを並べても、ケアマネには向いていないなと自分自身を客観的に捉えている方も中にはいます。

やりがいのある仕事なのになぜ??

ケアマネの仕事をして、ケアマネの仕事が結構大変だし辛いと感じた、現職のケアマネさんは結構いると聞きます。

これからケアマネになろうと必死に努力して勉強に励んでいる方や、経験を積んでいる方には悲報かもしれませんが、実際にケアマネの仕事は大変だと私は思います。

ケアマネの仕事の辛さとは?

疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん仕事の相性もあります。

ケアマネを辞めたいけど、でも、介護の現場での仕事は続けたい!と思う方もたくさんいます。私もその1人に入るでしょう。

ケアマネの仕事を実際にやってみて思ったのですが、仕事との相性以外にも本当に向き不向きがはっきり出てしまうポイントがあります。

ケアマネの仕事の辛さは対人関係にある

じゃあそのケアマネに向かないポイントって何?と聞かれたらはっきりと答えられる事が1つあります。

それは対人関係にあると考えます。場数を踏んでいる経験のあるケアマネも苦手意識があると言っていました。

どの部分か、具体的に挙げると、居宅ケアマネに関して言えば、

  1. 利用者宅にて訪問し相談を受ける
  2. 相談を聞いて他職種と連携を始める
  3. 利用者宅にて利用者を交えての会議

これはほんの最低限の事です。ですがこの最低限の事を苦手としているケアマネはたくさんいます。

私自身も人と話すことは嫌いではないので、苦手意識は無かったのですが、もう1つ余計な感情がうごめきます。

自意識過剰になりすぎて悲観的になってしまう

上手にインテーク面談出来なかったら相手に嫌われる、家族や本人を交えて自宅で会議なんて失敗したら終わりだ。など、マイナスに考えてしまいがちです。

特に新人ケアマネは最初っから出来るわけがありません。先輩のやり方を見て勉強し覚えていきます。

ですが、事業所によっては人手が足らずにいきなり「1人で行ってきて」と言われることもしばしばあります。

それを言う方の決まり文句として「新人でも研修は受けてきているから出来るじゃん」「私たちも最初っから一人で全部やってきたのよ」というのがありますが、全くの論外ですよね。

新人にこそわかるまで付いていき教えてあげる事が重要であって、不安を解消させてあげられるくらいの余裕をもつケアマネと一緒に仕事がしたいと思うという事は、私の胸の内に秘めておきましょうかね(汗

話がそれましたが、最初からうまく出来ないと思い込み、他の事業所のケアマネや家族の目を気にし過ぎて、気疲れしてしまう方は本当にたくさんいます。

苦手だから辛いと思ってしまうケアマネは、ケアマネを辞めて介護の現場に戻って楽しいと話す方もいれば、毎日泣きながらケアマネの仕事をしている方も多くいます。

施設ケアマネも気疲れする理由

居宅ケアマネの他に施設ケアマネもいます。

施設に常駐し、ケアマネ業務を1人~2人でこなしているところが多いですね。

施設のケアマネも辛い所はたくさんありますが、私が経験した中で辛いと思ったのがやはり気疲れです。

何に気を遣うかというと、施設なので目の前に介護の現場が広がっています。そこで介護をする側と受ける側、2種類の人物がいますがそのする側、介護者に気を遣いました。

忙しいのに事務所でのんきにやってんな、とここでも自意識過剰な考えになって変に気を遣ってしまいます。

実際に現場から言われることもありますが、ケアマネもケアマネで仕事はありますし、現場は現場で解決させてよと思うのが本音。

でも現場主体で回っている施設は殆ど。現場を手伝わなければ後で言われるなどと気を遣いすぎてケアマネというポジション自体が辛い。

だから現場に戻るケアマネは多くいます。精神的に弱い部分もあるのかなとも思いますが、人間の心理として周りに良い人と思われたいのが心情。

「だったら現場やってた方が気が楽でいいや」というふうに思ってしまうのです。

その思いが強くなってケアマネは現場に戻ってしまうのです。

まとめ

ケアマネは私自身が思うに、施設のケアマネは出来るけど居宅は無理!その逆の、居宅のケアマネは出来るけど施設は無理!という方もいるでしょう。

ケアマネの仕事はどちらかを選べるから自分にあった方でいいと思いますが、環境を見極めないと長く続きません。

逆に考えたら、現場に戻って仕事しよう!と、前向きに捉えることもできるので、すべてが大変と思わず辛いと思ったら戻る、または環境を変えてみるというのも1つの手かと思います。

なぜケアマネを辞めて現場に戻るか、1番の理由は気疲れです。ストレスを溜めない働き方が出来ると良いですね。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です