お粥ダイエット

お粥ダイエット以外に痩せるダイエットは私にはわかりません!

ダイエットの結果がこれ

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。

色々なダイエット方法がありますが、実際私が試してみて成功したダイエット方法は食事方法の変更でした。

タイトルにもある通り、主食をお粥に変えるというとてもシンプルなもの。

しかし効果はかなりありまして、2年前ですがたったの1ヵ月程度で7kgも痩せたのです。

その時の記事がこちら。

焼肉画像
お粥ダイエットで7kgの減量に成功!妻と一緒に焼肉でお祝いこんにちは。坂本。(@aki63188568)です。 お粥ダイエット継続中ですが、1ヶ月経たないで7キロ痩せたということで、妻と早...

この記事は、女性向けパーソナルトレーニングジム・ダイエットジム検索サイトのムカツ様で取り上げられた記事となっておりますので、ジムカツ様のサイトと合わせてご覧いただければ幸いです。

さて、最近ダイエットを終了しまして、上記ダイエット記事を書いてから2年以上が経っていますが、私の体重も90kg以上にはならず、リバウンドもほとんどありません。

お粥ダイエットの凄さを改めて語る

お粥ダイエットの凄さは、主食をお粥にしただけで痩せたということです。

たったそれだけと思うかもしれませんが、主食はお粥で副食(おかず)は自由ということです。

お粥のカロリーに注目!

お粥のカロリーは白米と比較すると以下になります。

  • 白米1膳~大盛、250gのカロリーは420カロリー。

それに対して、

  • お粥1膳、250gのカロリーは178カロリー。

お粥を食べていての感想

お粥は白米に比べれば味は劣るし触感もいまいちだと私は思います。

ですが私個人の見解ですが、便通が良くなったり睡眠もより深く眠れるといった変化が見られたのを記憶しています。

スポンサードリンク

お粥ダイエットの利点

お粥ダイエットの利点は、副食は何を食べてもいいということです。

私はいろいろなものを食べました。肉料理はもちろん、炭水化物であるパスタや餃子などの中華料理、揚げ物などのいかにも脂っこいものを、お粥のおかずとして食べていました。

ですが、主食はお粥なので太ることなく最低でも維持できている、そんな実感が出てきました。

注意した点は、いくら主食がお粥であっても、副食は何を食べてもいいといっても、食べ過ぎないといった点です。

スポンサードリンク

ダイエットは摂り込んだカロリーと費やしたカロリーのつり合いが大切

日常の食生活を見直すという事は、ダイエットを成功させるために必要不可欠です。

暴飲暴食し、カロリーを超過した食事内容は大敵だということ。

一日に消費するカロリーより、遙かに大量のカロリーを食べ物で摂取していると、消費することができなかったカロリーは体脂肪になると考えられます。

体の内側になだれ込むカロリーと、消費するカロリーのバランス状態が取れているのなら、太り過ぎもしませんし、体重が落ち過ぎもしません。

食生活で体に取り入れるカロリーと比較して、運動など健康的な身体づくりなどの方法で消費するカロリーの方が多いのなら、不足しているカロリーは脂肪を燃やして補われます。

仮に、24時間に消費する基礎代謝量およびスポーツに費やす熱量より、食品などで体に取り入れるカロリーがたくさんあれば差分は余計になります。

ダイエット成果を確実なものにするには、基礎代謝の高いボディーになって、消費カロリー量を増加させることが大切です。

基礎代謝を上昇させ、カロリー消費量を多量に費やしたいならば、新陳代謝の良い体質になることが重要になります。

ダイエットと聞かれると、食生活見直しと、運動量や活動量増加にだけ目線が行く人もいるのですが、体質改善によって減量に適する身体となるということも大切です。

ダイエット効果を引き立てることが可能な体質を目指すように留意すれば、食事内容や健康的な身体づくりに影響を受けるダイエットの効果がより生まれやすくなります。

20前のうちは基礎代謝は高くなっていますが、アラサー、アラフォーになると基礎代謝は低くなるので、体脂肪は燃えにくくなってしまうのです。

若々しい時代と比較してスポーツと食事メニュー中心のダイエットを行なっても成果につながらないといった方は、代謝の高い体質になるような行動が大切です。

ダイエットを行う際には、何でもかんでも食事量をカットし、運動量を増加させるというのではなく、取り込んだカロリーと、費やすカロリーのバランス状態を考慮することが大切です。

スポンサードリンク

糖質縛りに伴うカロリーOFFでスタートするシンプルなダイエット方

何回やっても減量を達成しない人のほとんどは、成果が得られるより先に半ばで断念してしまうことが少なくありません。

ダイエット成果も重要ですが、成果が出るために必要なになってくるのは継続できるやり方を実践することが大切になります。

自分の思う存分、頑張って摂取カロリー量をカットしダイエットをしようとすると、身体に対するダメージが度を越えてしまいます。

減量をしたくても、実際にやってみたりすると継続するのが容易ではなかったり、スタートが踏み出すことができないといった方は珍しくないといわれています。

ダイエット効率が高くなり、実行しやすく、継続しやすいといったようなやり方を考えてみましょう。

何種類ものダイエットをしてみたけれど、実行できずに終わったという方に対しては、糖質の摂取量を抑えるダイエットが合っています。

ダイエットを行なっている方で他の何よりも注意を向けるのは、食事のカロリー制限に取り組んでいるということだと思います。

摂取カロリー制限は効果の出ないやり方ではないのですが、カロリーを気に掛けても糖質が管理出来ていなければ、早く減量成果を出すことができないのです。

カロリー量がダイエットの動向に影響を及ぼすとされているのは間違いありません。

それに加えて、糖質量に気を付けるということも重要な点になります。

ダイエットを行っている際は、軽食で取り込んだ甘い物のカロリーに気を付けるより先に、何よりも糖質の摂取量を確かめましょう。

糖質控えめのメニューを取り入れることは、一層ダイエットの効果が現れやすい食事にしたいなあという方にピッタリです。

堅実に、長期に及ぶチャレンジでしっかりとシェイプアップしてみようという方は、ダイエットを開始するにあたり糖質を減らしたダイエットメニューを作ることを考えましょう。

まとめ

お粥ダイエットは続けていればきっと効果が表れるダイエット方法です。

あきらめずに長く続けるために、副食の種類に制限をかけずにやっていくのがコツです。

一緒にまたダイエットができるといいですね。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です