介護

新規オープンの介護施設での問題点!意見のぶつかり合いで起こる現場の空気

新規オープンの介護施設ってどうよ

こんにちは。坂本(@aki63188568)です。

介護施設や介護事業所で働いている介護職員さんこんにちは!介護に興味を持ってくれた方こんにちは!

介護って楽しい事もあれば辛い事もありますね。私も介護に対して毎日考えさせられています。

自分には一体どんな介護の事業所で仕事をするのが適しているのか。

きっと介護現場や介護の何かしらで関わってきた方は、きっと1度は思った事があるのかと勝手に妄想を膨らませます。

なんだかんだ言っても私は今、新規オープンの介護施設でケアマネの仕事ではなく介護現場で働いていますが、開所当時の初期に比べて問題が色々と出てきました。

そんな介護施設や介護事業所の初期ってこうだよ!という事がわかりやすく!?書いた記事がこちら

>>新規オープンの介護施設で働くってどうよ!1ヶ月で見えた良い所と悪い所

上記記事を書いてから3ヵ月が経過しましたが、良い事ばかりではありません。問題も山積してきました。

なので解決策というよりかは、新規介護施設でこういう事が問題点で出てきましたよ、という事を伝えられたらいいかなと思います!

問題点1、職員の離職率の高さ

介護施設新規オープンに伴い、職員の数を確保しなければなりません。これはどの事業所も介護施設も同じことです。

新規の介護施設や介護事業所ですと、場所にもよりますが最初は利用者が殆どいない状態での開所となります。

2月にオープンしたころの話ですが、利用者1人に対して介護職員6~7人で相手するという手厚い介護ができていました。まあ、当たり前ですよね。

ですが3ヵ月以上経った今、5人以上のオープニングスタッフが辞めてしまいました。辞めた原因はさておき、これは客観的事実です。先にも書きましたが、

5人以上の介護職員が辞めてしまったのは事実です!

私は異常な数字だと考えます。短期間の間に辞めてしまう要因がそこにはあったのだから。

辞める辞めないに対して私は結構ドライな考え方で、その方が辞めたいと思うなら辞めても良いのでは思います。

相手の相談には乗りますが結局は自分での決断が必要となってくるので執拗に止めたりはしません。

だって私自身も介護職で転職を4回以上繰り返していますから、辞めたいと思う気持ちはなんとなくわかります。

理由はわかりませんけどね。

辞めていく方に聞いた辞めたい原因とは?

辞めていくには何かしらの原因があります。家庭の事情やプライベートな事情では触れずに、職場で起きた原因について考え行くと納得がいく方もいるでしょう。

意見のぶつかり合い

介護職員の意見のぶつかり合いこの子とぶつかるならいくらでもw

意見というのは時にぶつかり合います。そしてぶつかったままだと割れます。割れたのが両方なら2人辞めて片方なら一人辞めるという、とても簡単な計算が出来るかと思います。

意見の相違でありがちなのは、介護経験者が圧倒的に多いと実感しました。そこに他職種も入ってくるともう手に負えません。仲介するのも難しいというか入っていけません。

特に多く見られるのが「私の経験してきた介護施設ではこうやった」「今までの経験が通らないなんて!」という経験則のみでのぶつかり合い。

はっきり言って見苦しいです。経験則は大事ですが、参考にするのではなくそれをそのまま実行しようとしてしまう介護職員。介護経験者同士がぶつかるというのもうなずけます。

だって介護の経験をしていないと経験則は生まれませんから!このやり取りを見て未経験の方の先入観も植え付けられてしまうのも事実。

ええ加減にせい!と言いたくなるような醜い争いは、介護独特なのでしょうか??

これから先の不安しかない

介護の経験者が意地の張り合いをしているのを介護未経験者が見て不安になるのはわかります。ですが、

介護経験者も不安なのです!

それはなぜかと言いますと、介護経験者は基本(ベース)となるやり方の中でしか介護の経験をしていません。

何が言いたいかというと、新しく何かを始めるという事が未経験で、これから1から始めるという事に対しては経験が無いという事に対して不安なのです。

中には介護施設のオープニングを経験した方もいるでしょう。ですが今同じ場所で働いているという事は結局は何かの原因で辞めてしまった事に変わりはありません。

それと介護未経験者から頼られ過ぎる事に対しての不安もあります。

問題点2、不安が不満に変わっていく

介護の不満に怒り心頭不満に怒り心頭!

私は介護経験者として入職しましたが、開所当時の不安は誰もが持っていました。

特に介護の経験が無い介護未経験の方の不安が多かったのを覚えています。ですが今でも、

不安が殆ど消えていないのが事実あります。そしてその不安が不満に変わって行っています。

今のオープニングスタッフの殆どが不安を通り越して不満に変わっています。

介護職の不満って何?

不満と言っても色々あるでしょう。最近では不満が何なのかすらわかりませんがw

割に合っていない不満

割に合っていないのは給料と仕事量のことです。仕事の量がオープニングが過ぎてから3ヵ月、利用者が増えるにつれて増えていくのは当たり前ですが、あれもこれもと取り入れて手が回らない状態。

それでいて給料は同じ。だったら給料上げろよと思うかも知れませんが、給料なんてそんなに上りもしないのは百も承知。わかっているから不満になるのです。愚痴も言いたくなるのです。

人間関係に対しての不満

これはこの「坂本ブログ」で何回も言っています。人間関係はどこにでもある問題。きっと介護だけではないでしょう。

でも人間関係については、上っ面だけでもいいのです。へらへらしていれば。そして自分に見えないところで陰口を言ってくれるなら。

あなたも自意識過剰になる必要はありません。無視されたら無視する人間の人間性がカスという事なのです。

問題点を解決するには?

問題点の解決は自分と同じ考えの仲間を増やすことです。それが出来れば何ら問題ないと思います。

ですが出来ないようであれば、自分が会社に合わすしかありません。無理に他人に合わせる必要なんてありません。

職を辞めてしまうのも何らかの事情があっての事。不満も何かしらあったからこその不満。

我慢に限界が来る前に、たった一人の話せる仲間を作る方が一番早い解決策だと私は思います。

前提として同じ会社にしがみつくのであればですけどね!!

まとめ

私は介護の研修等は結構行かせていただいております。そこで自分を高め、モチベーションを上げて仕事に臨んでいます。

適材適所って何だろうと考えた時に、人には千差万別な性格がある、だからこそ介護職には適材適所というものがあるのだと思う。

新規オープニングとして私は適任なのか?毎日自問自答しながら、転職も視野に考えてみると、気持ちも楽にはなるのではないでしょうか。

ABOUT ME
坂本。
SE(システムエンジニア)を経て、現在は施設でケアマネジャーをしています。自分ももう40才になって、給料から介護保険料を引かれる年齢になりました^^:ブログでは趣味の旅行とダイエット記事を中心に自分の身の回りの出来事や介護事情に精通した記事なんかも書いています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です