薄毛 頭皮ケア 頭皮ケアシャンプー

頭皮ケアシャンプーで抜け毛予防!薄毛になりたくない全ての男性へ

投稿日:

「抜け毛が多くて、家系的にもハゲないかすごく不安…」
「美容室にいったら、頭皮が荒れていると言われた」
「頭皮のにおいが気になる」

ふと『抜け毛』や『頭皮のにおい』が気になりだすと「このまま、薄毛になってしまうのではないだろうか…?」と、とても不安になっていませんか?

遺伝的にハゲる可能性が高い人なら、抜け毛が増えることによる不安は、誰よりも強く感じるはずです。

奥さんやパートナーから「最近、掃除中の抜け毛が多いよ」なんて言われたら、脂汗が止まらなくなりますよね。

こんにちは。坂本。(@aki63188568)です。
人間の身体は加齢とともに不調が多くなるものですが、頭皮も例外ではありません。
年齢だけでなく、生活習慣・遺伝・ストレス環境などの要因で、抜け毛や脱毛症になる人は多いです。

頭皮も定期的なメンテナンスをしてあげないと、毛穴の詰まりや頭皮の血行不良などから、さまざまな不調に引き起こしてしまうのです。

いま、この記事を読んでいるあなたも、次のような頭皮の不安から、頭皮の問題を解決する方法を探していると思います。

「嫁に抜け毛が多いと言われた」
「髪にクシを通したら、ごっそり抜けた」
「頭皮がくさい!」
「頭皮シャンプーってどうやって選べばいいの?」

最近は髪の毛そのもののケア(ヘアケア)よりも、頭皮のケア(スカルプケア)が注目を集めていますよね。適切な頭皮ケアを行うことで、頭皮の血行が改善されて、『抜け毛』や『悪臭・フケ』などの問題も、解消される可能性が高いです。

この記事では「最近、抜け毛多くない?フケも多いし、なんか頭が臭い!まさかハゲる前兆!?」という不安を抱えている人に向けて、頭皮をケアする方法から頭皮シャンプーの選び方までを詳しく解説します。

最後まで読めば、フケや抜け毛を減らすための正しい頭皮ケアを知ることができ、必要に応じた対策を自分で行えるようになります。ぜひ参考にしてくださいね!

最近、奥さんに頭皮のにおいや抜け毛を指摘された男性必見!

頭皮ケアシャンプーで革命を起こす

頭皮ケア(スカルプケア)すれば頭のかゆみやフケが軽減する!

正しい頭皮ケア(スカルプケア)を行えば、頭のかゆみやフケを軽減させることができます。

頭皮にはほかの部位のように筋肉がないため、毛穴の詰まりや生活習慣・精神的ストレスなどの要因で、血行不良になりやすいんです。

「でも、薄毛って遺伝的な問題でしょ?」
と言われる人も多いのですが、頭皮の状況によっては薄毛家系でない人でも、薄毛や脱毛症になる可能性は十分にあります。

遺伝ではない薄毛は、生活習慣の改善と正しい頭皮ケアを継続的に行うことで、改善できるケースが多いです。

なぜなら遺伝以外の薄毛やフケの増加は、主に体内環境や血行不良が原因なので、そこを改善すれば、頭皮の症状も比例して落ち着いていきます。遺伝または男性脱毛症が原因の場合、頭皮ケアだけでの改善は期待できません。

頭皮ケアで得られる効果

頭皮ケアで得られる主な効果には、以下のようなものがあります。

●過度な抜け毛の減少
●フケの減少
●頭のかゆみの減少
●頭皮からの悪臭改善

『髪の毛』と『頭皮のケア』では、やり方や得られる効果も全く違います。

頭皮ケアの具体的な方法

まずは頭皮ケアの具体的な方法について紹介します。

頭皮環境を改善するためには『頭皮シャンプー』による洗浄と、『頭皮マッサージ』による頭皮の血行促進が効果的です。

頭皮シャンプーは頭皮の汚れを落とすことができますが、血行促進に直接影響を与えられません。その点、頭皮マッサージなら頭皮内部の血行を促進する効果が期待できます。

頭皮シャンプー

頭皮シャンプーは髪の毛の洗浄よりも、頭皮の健康を優先した成分が配合されたシャンプーの総称です。

頭皮は髪の毛を支える母体でもあるため、頭皮の状態が悪いと抜け毛やかゆみ・フケが増えるのはもちろん、髪の毛そのものも不健康な状態になってしまいます。

頭皮シャンプーなら、頭皮の余計な汚れは落としつつ、保湿や美容成分を残すことができるんです。
ひとことに『頭皮シャンプー(スカルプシャンプー)』といっても複数の種類があり、目的や状況に合わせた選択が大切になります。

>>薄毛に抵抗する頭皮ケアシャンプー10選!僕はハゲる事を恐れない

頭皮マッサージ

頭を洗うとき、頭皮をマッサージしながらシャンプーすると、より効果的に余分な皮脂を洗い流し、血行促進効果を高められます。

同じシャンプーを使ったとしても、頭皮マッサージの有無や洗い方によって、頭皮の仕上がり方も違ってくるんです。

面倒くさくて、力任せにガシガシ・ゴシゴシ洗っちゃう人も多いと思いますが、あまり乱暴に洗うと抜けるべきではない髪の毛まで抜いてしまいます。

シャンプーは2回に分ける

シャンプーは2回に分けて行いましょう。
髪の毛が短い場合は1回でもいいですが、基本的には2回です。

●1回目は、髪の毛についた皮脂や汚れを落とすクレンジング
●2回目は、残った汚れを落とし、頭皮の血行促進のため

よくシャンプーを直接頭につけて、泡立てる人がいますよね。
この方法では、泡立つ前に濃度の高いシャンプー液が毛穴に入ってしまい、成分が頭皮に残留する可能性が高くなるので避けるべきです。
具体的なシャンプーマッサージのやり方は、以下の手順で行います。

 

手順1

シャワーのお湯で十分に髪の毛に水分を含ませたあと、100円玉程度の大きさにシャンプー液を掌に出します。

手の上で十分に泡立てたら、頭頂部から全体にかけて泡を広げていきましょう。

手順2

指の腹を使って泡を軽く髪の毛全体に馴染ませましょう。

シャンプーで頭を洗うとき、爪を立ててゴシゴシ洗ってはいけません。

頭皮に傷をつける可能性があり、赤みや炎症の原因になってしまいます。

無理に力を込めて洗わなくても、髪の毛についている皮脂やホコリなどの汚れは、泡をつけるだけで十分に落とせるので心配ありません。

泡を全体に馴染ませたら、泡をシャワーで洗い流してください。

手順3

手順1と同じように、手のひらにシャンプーを泡立てます。
ただ、2回目は1回目で落としきれなかった頭皮の皮脂や汚れを落とすのと同時に、マッサージを通して、頭皮の血行を促すのが目的です。

指の先を頭皮にピッタリくっつけて、ゆっくりマッサージするように洗います。
力強く揉みこまず、頭皮を小刻みに動かす程度で大丈夫です。

指腹で頭皮を大きく動かしながら洗うと、指と頭皮の摩擦で抜け毛が増える可能性も高くなります。1~2分程度したら、泡をしっかりお湯で洗い流しましょう。

シャンプーで抜け毛が出るのは自然なこと

シャンプー剤を洗い流したあとに、抜け毛がいっぱいあると「こんなに抜けてる!ハゲる!」と心配になるかもしれません。ですが、ある程度の髪の毛が抜けるのは、誰でも起こる自然なことなんです。

髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)というサイクルがあり、抜けては生えてを繰り返しています。

毛周期

1)成長初期:次に生えてくる髪の毛(埋もれている)~少しだけ頭皮に生え始めている髪の毛
2)成長期:頭皮から生えて、伸び続けている髪の毛
3)退行期:完全に生えきり、抜け落ちる段階の髪の毛
4)休止期:毛根の奥底に埋もれている、髪の毛の種(成長初期前)

普通に生活しているなかで抜け落ちる毛は、基本的に役目を終えた退行期の髪の毛です。

頭皮の健康状態が悪い人や男性脱毛症の人は、毛周期が何らかの要因で正常な働きを阻害されて、髪の毛が成長初期~成長期の段階で抜け落ちてしまっている状態になります。

普通のシャンプーと頭皮シャンプーの違い

頭皮を気にして「ノンシリコンシャンプーを使ってるのに!」という人も多いですが、ノンシリコンなら頭皮に優しいわけではありません。

頭皮に影響するのはシリコンの有無だけではなく、シャンプーに含まれる洗浄成分が深く関係しているからです。

シャンプーは「洗浄力が強いほどいい!」と考えている人も多いですが、過剰な洗浄力は頭皮に必要な皮脂や油分まで洗い流してしまいます。

必要な油分がなくなると、頭皮の乾燥につながる可能性が高くなるんです。
頭皮が乾燥すると、かゆみやフケが増える要因にもなり、最終的には抜け毛や薄毛のきっかけになるかもしれません。

シャンプー剤が頭皮環境を悪化させる事態を避けるには、シャンプーに使われている洗浄成分の特徴をしっかり把握することがポイントになります。

頭皮ケアに効果がある成分

一般的に市販されているシャンプーには、目的に合わせたいくつかの種類があります。
昔はシャンプーと言えば『髪の毛の汚れを落とせればいい』という認識でした。

しかし、薄毛やかゆみなど、頭皮の状態を気にする人が増えた影響もあり、頭皮に焦点をあてたシャンプーが増えてきたのです。

高級アルコール系洗浄成分配合シャンプー

高級アルコール系洗浄成分配合シャンプーとは、主に『ラウリル硫酸』『ラウレス硫酸』などの洗浄成分が含まれたシャンプーを指します。

泡立ちがよく原価も安いので、市販のシャンプーによく使用されている洗浄成分です。
極めて高い洗浄力を持っていて、汚れを落とすという意味では文句なしの成分ですが、頭皮に対しては強い刺激を与えてしまいます。

石鹸系洗浄成分配合シャンプー

石鹸系洗浄成分配合シャンプーは、一般家庭でお馴染みの石鹸をベースに作られた洗浄成分が含まれているシャンプー。洗浄力は弱めで頭皮に優しい成分ですが、肌との相性が悪いです。

頭皮は酸性で石鹸系洗浄成分はアルカリ性なので、洗浄力とは別の部分で頭皮に刺激を与えてしまいます。

アミノ酸系洗浄成分配合シャンプー

アミノ酸系洗浄成分配合シャンプーは、アミノ酸をベースに作られた洗浄成分が含まれたシャンプーの総称です。

元々、人間の身体はタンパク質から構成されていて、このたんぱく質はアミノ酸から作られています。

だから、アミノ酸系シャンプーは頭皮や髪の毛と非常に相性がいいんです。
頭皮ケアを目的にシャンプーを選ぶのなら、間違いなく『アミノ酸系洗浄成分配合シャンプー』が適しています。

そのため、頭皮シャンプーの多くは、アミノ酸系洗浄成分配合であることを強くアピールしているんです。

頭皮シャンプーの具体的な選び方については抜け毛を予防する頭皮ケア!厳選10種類のシャンプーで毛根に活力をを参考にしてもらえればと思います。

頭皮ケアでは男性脱毛症(はげ)を直接改善・予防はできない

どんなに頭皮ケアをしても、男性脱毛症は予防・改善ができません。
なぜなら、男性脱毛症の主な原因は頭皮環境ではなく『ジヒドロテストステロン(DHT)』という、男性ホルモンの過剰分泌だからです。

ジヒドロテストステロン

体内の『テストステロン(ホルモン)』と『5aリダクターゼ(酵素)』が結合したもの。
髪の毛の元になる『毛母細胞』の働きを阻害するので、結果として薄毛につながる。

男性脱毛症だった場合は、ジヒドロテストステロンを抑制する薬を使用することで薄毛の回復が期待できます。原則市販されている薬での対処は難しいので、近くの皮膚科や薄毛専門のクリニックに相談してくださいね。

まとめ

頭皮ケアで大切なのは『アミノ酸系洗浄成分配合シャンプー』と『シャンプーマッサージ』の二つ!あとは洗い方です。

頭皮が荒れる要因として、ほかにも食生活・睡眠時間・精神的ストレスなどがあるので、不規則かつストレスいっぱいな人は、適度に息抜きをして心身の状態を整えてあげてくださいね!

見ているだけじゃ分からない!って人は、次回美容室にいったとき美容師さんに教えてもらうといいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

関連記事はこちら

<script>

<script>

-薄毛, 頭皮ケア, 頭皮ケアシャンプー
-, , ,

Copyright© ケアマネ坂本のブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.